野麦峠 歌詞

歌:吉永小百合

作詞:曽我部博士

作曲:曽我部博士

野麦峠、飛騨の山なみの中でもひときわ
高い乗鞍岳と御岳の深い山あいを縫うけ
わしい峠道。明治から大正にかけて昔の
飛騨の女子衆は、みんなこの峠を越えて
糸ひきに行きました。

野麦 野麦峠 越えて
あねさどこ行く あねさ
あねさ 糸ひきさ
あねさ信州の きかやで
糸ひき一年 はたらいて
いとしいかかさの 顔みたや
とんと とんと えーえ えーえ
顔みたや

「辛抱せにゃだちかんよ」かかきまの声が
まだ耳に残っています。寒さと飢えと恐
ろしさで泣き泣き歩くまだほんの十二・三
のちいさな糸ひきさもいました。雪に足
を滑らせて目もくらむような谷底に落ちて
いった糸ひきさもいます。女子衆は皆の
帯を解いて何本も結びあわせ、助け綱に
してやっと助けあげました。でも、どうに
も助からなかった糸ひきさもいます。だん
だんか細くなっていく泣声がいつまでも
野麦峠の山あいに響いていきました。

山は 山は吹雪 吹雪
ふりかえれば 飛騨は
雪に けむる
お高租頭巾に 手甲脚絆
つまかけ草軽を きりりとしめて
雪は 野麦の峠みち
山よ 山よ えーえ えーえ
荒れるなよ

野麦 野麦峠 越えて
あねさどこ行く あねさ
あねさ ふるさとさ
飛騨ブリャ 山越え 越中から

糸ひき あねさは 信州から
年とりまでに 早うもどれ
あねさ あねさ えーえ えーえ
早うもどれ

あねさ あねさ えーえ えーえ
糸ひきさ

いまも峠の道には名も知らぬ白い野の花が
いつかこの野麦峠を越えていった
糸ひきさのこころのように
――――遠い遠い空をみつめています。

吉永小百合について

1957年1月ラジオ東京(現TBSラジオ)連続放送劇(ラジオドラマ)『赤胴鈴之助』で、10月、ラジオ東京制作のテレビドラマ『赤胴鈴之助』でテレビデビュー。1959年「朝を呼ぶ口笛」で映画初出演。1962年「キューポラのある街」に主演、大人気に。以後、日活時代に浜田光夫らと青春映画路線の黄金期を築く。1962年橋幸夫とのデュエット曲「いつでも夢を」が大ヒットし日本レコード大賞受賞。2001年「長崎ぶらぶら節」でブルーリボン賞、日本アカデミー賞の主演女優賞を受賞。1973年 当時フジテレビ・ディレクターだった15歳年上の岡田太郎氏と結婚。
吉永小百合の人気歌詞
奈良の春日野

奈良の春日野 青芝に 腰をおろせば 鹿 ...

愛と死のテーマ

あなたのことマコって呼んでいい?私ミコ、 ...

雨の中に消えて

雨の中に 消えてゆく 雨の中に 消えて ...

フラワー・ニッポン

生れ故郷の 花よりも 美しいもの ある ...

赤いりんご

林檎の木には林檎がみのり 娘の胸にも林 ...

ねむの木の子守歌

ねんねの ねむの木 眠りの木 そっとゆ ...

波浮の港

磯の鵜の鳥ゃ 日暮れにゃかえる 波浮の ...

嫁ぐ日まで

あなたが夢む、いつでも夢む きらめく乙 ...

あすの花嫁

生きてみなけりゃわからない 紅いランプ ...

夢千代日記

トンネルを一つくぐれば もう鉛色 空の ...

夕陽のマリア

アカシアの花散るさいはての道 さ霧は降 ...

太陽はいつも

忘れちゃいけない 出発しようよ いつで ...

世界の国からこんにちは

こんにちは こんにちは 西のくにから ...

乙女の旅愁

列車の窓から見る夜は 遠いともしびチラ ...

空色のワルツ

忘れな草の空色の スカーフふく風なみだ ...

雪坊主

ふんわりふんわり ぼたん雪 何も見えな ...

人の知らない花

人の知らない花が咲く ここら深山のその ...

小百合おけさ

ハアー島の娘は可愛ゆてならぬヨ 絞り手 ...

坂道のクラブ

坂道の下の 二人のクラブ 逢えば涙が ...