辰野の雨 歌詞

歌:水森かおり

作詞:伊藤薫

作曲:伊藤薫

浴衣に着がえ 宿の下駄をかりて
いつか夕ぐれどき 少しくもり空
川沿いの道を
折れればそこは蛍
この愛に命を
あなたにすべてを賭けていたから
拭っても抑えても
涙流れてとまらない
信州辰野に さやさやとはらはらと
ほらまた雨が 雨が・・・

ともるぼんぼり 人に押されながら
肩をぶつけられて 渡るわらべ橋
去年はあなたと
今年はひとり蛍
身体(からだ)の痛みなら
季節がいつしか消してもくれる
でも胸に焼きついた
傷は死ぬまで残ります
山里(やまざと)辰野は 六月の梅雨の中
思い出捨てに 来たの・・・

この髪をおろして
おさないむかしに戻れるならば
あの人と会う前の
遠い時間に帰らせて
信州辰野に さやさやとはらはらと
ほらまた雨が 雨が・・・
水森かおりの人気歌詞
東尋坊(とうじんぼう)

別れ旅する 女の胸を 見抜いて泣くのか ...

ふたり雨

ひとつの蛇の目に 寄り添えば 濡れた肩 ...

鳥取砂丘

潮の匂いに 包まれながら 砂に埋れて ...

越後水原

生まれて初めて 絆を契り 命を預けた ...

島根恋旅

愛するだけでは 結ばれなくて ふたりの ...

尾道水道

愛しさ憎さが ぶつかりあって おんなの ...

上州恋風

赤城山から 吹く風に 涙を散らす 日暮 ...

北陸ひとり旅

北へ行こうか それとも西か どちら ...

若狭の海

伊根の港の 舟屋には 家の中にも 海が ...

うみどり

ヒュルヒュルとヒュルヒュルと 潮風が ...

嵯峨野巡礼

愛し合っても 実らぬ恋の せめて最後の ...