No Bandage 歌詞

歌:Superfly

作詞:越智志帆

作曲:多保孝一/越智志帆

せいぜい一晩の 辛抱が
全然治らないんだ 包帯の中

ストライキ!? 優秀な治癒力は
任務を放棄 脱走中 タフになれと言う

悔しくってブルー

応急処置ばっか 当てにして
現実逃避だって 鼻で笑う

ストライキ 頼りの精神力も
察しの通り 低迷中 あきれたって言う

悔しくってくるう

No Bandage
透明なBandage
はずして 目の前に 挑んでやるよ
ひるむ性分も、柔な根性も ぶち壊す、この腕で
さあ Get out here

少々鋭利なお言葉も
悶々するけど、へこたれやしない

本日 心の免疫力は
イメージ通り 上昇中 タフになってグー

つよくなっていく

No Bandage
透明なBandage
ほどいて 傷の理由 追跡してやるよ
沈む感情も、被害妄想も、とらえてぶん殴れ
さあ Get out here

No Bandage
透明なBandage
ほどいて 傷の理由 追跡してやるよ
沈む感情も、被害妄想も、とらえてぶん殴れ
さあ Get out here

そう No Bandage
透明なBandage
はずして 傷跡も 全消去してやるよ
ひるむ性分も、柔な根性も とらえてぶん殴れ
さあ Get out here

Superflyについて

越智志帆によるソロユニット。2007年4月4日にシングル『ハロー・ハロー』でメジャーデビュー。WARNER MUSIC JAPAN・TAISUKE所属。 2004年に越智志帆と多保孝一による2人組ユニットとして結成。2007年11月8日に多保がコンポーザー・アレンジャーとして専念することを発表し、越智によるソロユニットとなる。 バンド名は、カーティス・メイフィールドの代表曲「Superfly」が由来。バンドのシンボル・マークとなったフクロウは、越智による提案のものであり、昔から「幸運を呼ぶ鳥」と言い伝えられている(かつて1970年代にも様々なモチーフとして愛された)。デザインを手掛けたのはCentral67。 越智志帆(ochi shiho) 1984.2.25生まれ。愛媛県出身。 151cmという華奢な体からは想像ができないくらい、 パワフルでどこまでも突き抜けていく様な歌声が最大の魅力。 60'S-70'Sの音楽とファッションを敬愛し、 特にJanisJoplin,CaroleKing,MariaMuldaur,TheRollingStonesに 深く影響を受ける。 また志帆とオーディエンスの一体感を存分に感じる事ができる ライブパフォーマンスは圧巻である。
No Bandage のCD・楽譜
Superflyの人気歌詞
愛をこめて花束を

二人で写真を撮ろう 懐かしいこの景色と ...

フレア

涙が降れば きっと消えてしまう 揺らぐ ...

覚醒

現る黒い空 鼓動は雷鳴を繰り返す 嵐 ...

タマシイレボリューション

スタンドアップ!モンスター 頂上へ 道 ...

Beautiful

遠くに伸びる影 夜の波が消した 涙を流 ...

輝く月のように

どれくらい感謝したって足りないから あ ...

氷に閉じこめて

君は氷のように 冷たいけど 炎のような ...

やさしい気持ちで

顔も知らない、名前さえも 知らない人が ...

愛に抱かれて

泣いていいよ 辛いときは 心の中 洗い ...

Wildflower

果てまで続く 坂道を登る途中で アスフ ...

Bi-Li-Li Emotion

諸行無常ね、ジーザス! 全てはフェイドア ...

Last Love Song

手放したくなかったよ この恋は本物だった ...

My Best Of My Life

今ここで息をしてみる 私がここにあるよ ...

Bloom

胸の奥で そっと 育ててきた 愛の種は ...

春のまぼろし

返り咲く恋じゃない 花びらが舞って囁い ...

Gifts

下弦の月が あんなに輝くように いつか ...

愛をからだに吹き込んで

張りつめてた 胸のどこかに 傷がついて ...

Lilyの祈り

やさしい嘘など もうやめて 愛するより ...

Ambitious

すれ違う スーツの群れは夜よりダーク ...

Fall

今宵 お邪魔をいたします ひとつ秘密を ...