紅蓮酒 歌詞

歌:三門忠司

作詞:志賀大介

作曲:影山時則

君を忘れる ために呑む
おとこ未練の 紅蓮酒
遠くなるほど 近くなる
おもかげ瞼に また連れて
ひとり裏まち 雨酒場

紅く咲いても 水の花
どうせどうせの 紅蓮酒
いちど渡れば 戻れない
渡良瀬川だと 知りながら
泣いて渡った 他人橋

雨も燃えれば 火に変わる
まして旅路の 紅蓮酒
俺が作った 泣きぼくろ
幸せぼくろに 変ったか
なみだ縦縞(たてじま) 雨すだれ

三門忠司について

昭和55年、30歳を越えた脱サラ歌手 三門忠司としてデビュー。「片恋酒」が25万枚のヒットとなり、大阪に三門ありの存在感を示す。その後「雨の大阪」等のヒットを飛ばし、浪花の演歌師と呼ばれるようになる
三門忠司の人気歌詞
雨の大阪

どうせ人生 お芝居よ あんたのことも ...

男の足跡

男は生涯 一つの道に 拘りつづけて 光 ...

一本刀土俵入り

千両万両 積んだとて 銭じゃ買えない  ...

小判鮫の唄

かけた情が いつわりならば なんで濡れ ...

なぁ 酒よ

紅いネオンに 誘われて ひとり路地裏  ...

男の街道

人には選んだ 道がある こころに抱いて ...

うき世無情

バカな男が 往(ゆ)きつく先は 鬼が棹 ...

浪花の夫婦

苦労承知で 一緒になった それが浪花の ...

浪花侠客伝~木津の勘助

晦日(みそか)に茶ガユの ひと掬い せ ...

上州しぐれ

上州しぐれに はぐれた鴉 ちょうど似合 ...

裏町川

冷たい世間に 転んで泣いて いのちを温 ...

吉良の仁吉

海道名物 数あれど 三河音頭に 打ち太 ...

男の燈台

酒場は男の 燈台と いつか誰かが 云っ ...

博多川

中州(なかす)のねおんに 咲く花は 朝 ...

昔かたぎ

情がすたれた 憂き世をすねて 飲みに来 ...

河内の次郎長

親の居る奴 幸福(しあわせ)もんさ 俺 ...

人生坂

間違いばかりを 探していたら 人は本音 ...

人生一勝二敗

季節はずれの 篠つく雨に 耐えて咲いて ...

しぐれ酒

ふるい人情 置き去りに 行けばいいのさ ...

大阪かたぎ

髪の芯まで 惚れさせといて あんたなぜ ...