初恋 歌詞

歌:Base Ball Bear

作詞:小出祐介

作曲:小出祐介

寝息たてる住宅街を抜けて
君にすこし会いに、急いだ
都会(まち)の夜空もがんばってくれてる
胸に10代の自分が取り憑いてしまったみたいだ

「君がいない=ひとりぼっち」なんてさ
嫌ってほど孤独を飲み干した僕なのに
はじまってしまってるんだ

いま、君に恋した
僕が見てる世界は今日も 君色20,000色で
夏祭りのような 刹那さじゃない
明日の君に憧れつづけているから

星がふてくされようが、知らない
星を見てる君が見たいだけ
長く長く続いた夜も
君と過ごせば いつも足りなすぎて困るよ

君薫る風に、
君だけの足音に、
君がいる季節に、
忙しさすべて忘れて
僕はもうはじまってしまう

初恋のようさ
僕が見てる世界は今日も 君色小説で
クリスマスツリーのような ごまかしもいらない
この想いを何より輝かせたいよ

僕の想像力なんて、君は
水たまりをよけるように
飛び越えてしまう

初恋のようさ
僕が見てる世界は今日も 君色20,000色で
夏祭りのような 刹那さじゃない
明日の君に憧れつづけていくから

何回も恋した 同じくらいのさよならもした だけど、僕は
いま、君が好きだ
初めてじゃないこの恋を 終わらない最初の恋にしよう

最後の恋にしよう

Base Ball Bearについて

2002年に結成。東芝EMIに送ったデモテープがナンバーガールなどのスタッフだった加茂啓太郎の耳に止まる。これにより、東芝EMIのアーティスト発掘プロジェクト「GREAT HUNTING」に発掘されたこととなる。その後、プロデューサー加茂に「バンド名はPLANETではダメだ。」と言われ、小出はショコラの「BASE BALLとエルビスプレスリー」という曲から取り、BASE BALLというバンド名がいいとメンバーに言うが却下され、湯浅にBASE BALLにもう1つ単語をつけてくれと言ったところ「BEAR」という単語が挙がり、「Base Ball Bear」となる。 《メンバー》 ・小出祐介(こいでゆうすけ、1984年12月9日-)  東京都出身。  ギター・ボーカル・作詞作曲担当。  愛称「こいちゃん」「小出ビッチ」。 ・関根史織(せきねしおり、1985年12月8日-)  埼玉県出身。  ベース・コーラス担当。  愛称「史織ちゃん」「セキネ嬢」など。 ・湯浅将平(ゆあさしょうへい、1984年4月16日-)  千葉県出身。ギター・ダンス担当。 ・堀之内大介(ほりのうちだいすけ、1985年1月17日-)  東京都出身。  愛称「堀之肉」「ホリ」等。  ドラム・コーラス担当。
初恋 のCD・楽譜
初恋(初回限定盤)
【収録曲】・初恋ぼくらのfrai awei君はノンフィクション・60-Minutes Live Track From “TOUR 新呼吸” (2012/5/20 @ Zepp Tokyo)
初恋
【収録曲】・初恋ぼくらのfrai awei君はノンフィクション・60-Minute Live Track From “TOUR 新呼吸” (2012/5/20 @ Zepp Tokyo)

Base Ball Bearの人気歌詞
17才

17才It's a seventeen ...

ドラマチック

ゆずれないもの見つけても 気付いたら目 ...

changes

何かが変わる気がした 何も変わらぬ朝に ...

ポラリス

志ん朝の三枚起請を聴きながら 切れた三弦 ...

そんなに好きじゃなかった

赤い糸 自力でたどって出会った 君は最 ...

Cross Words

やっと会えた週末 近況の報告 それだけで ...

ファンファーレがきこえる

いつものように目の前に線を引いてみりゃ大 ...

君はノンフィクション

君の鼓動で僕が生きている そう信じてた夏 ...

魔王

願うだけじゃ叶わないってこと そんなの知 ...

風来

音の鳴る方へ すかさず 手を伸ばし止める ...

不思議な夜

終電逃し 明日休みだし ちょっと散歩して ...

short hair

心の天井 のぼってった風船がわれた 赤 ...

EIGHT BEAT詩

Back to the 2001年 午後 ...

いまは僕の目を見て

言葉は穴のあいた 軽い砂袋さ 君まで届 ...

Funny Bunny

王様の声に逆らって ばれちゃった夜 キ ...

彼氏彼女の関係(新しい関係 ver.)

彼氏彼女の関係 街の中へ吸い込まれて、消 ...

Stairway Generation

“白黒で終わるより 赤白で閉じたいのよ” ...

BREEEEZE GIRL

風に乗りたくて 見上げてる俺を 連れてっ ...

senkou_hanabi

付箋だらけにしたノートにらむあの子や ...