零れる砂のアリア 序章 歌詞

歌:霜月はるか

作詞:日山尚

作曲:なるけみちこ

蒼い砂が、さらさらと零れ落ちていく

倒れた男の手に握られた砂時計は、
彼の命が残り僅かなことをも示していた

その様をぼんやりと見つめながら、
男はただ重くなった瞼を閉じる

暗闇の向こうから、少女の声が呼びかけていた

すぐそこからなのか、
それともずっと過去からなのか
遠い記憶が重なっていく

それは、同じように死を背中に感じた
まだ彼が少年だった頃の物語――
霜月はるかの人気歌詞
瑠璃の鳥

震え届く風 頬撫でゆく 静寂に抗う 赤 ...

恋獄

刻む針の音 柔らかな手のひら 忍び寄り ...

Re:Call

過去の想い 記憶の彼方 幼き日 残した ...

SilentFlame

草原を吹き抜ける風が あなたの声を運んで ...

遠い伝承歌

その小さきくちびる 奏でるは遠い伝承歌 ...

-HISTORIA-

遠く遠くから 響くその歌声は 確かな ...

あめつちのことわり

せふぁ・くりまるでぃ・らめんとぅす らふ ...

Hidra Heteromycin

――輝ける明日(あした)を 護るべき人々 ...

Heretical Wings

小さな窓から差す 仄蒼い月灯り 冷たい ...

ツナギ蝶

何処より 生まれ出づ...... ...

ソレノイド

泥濘(ぬかる)んだ道 踏みしめ虚ろに彷徨 ...

LUNA

揺れる花を見つめていた 過去と欲望の狭 ...

Hartes ciel,melenas walasye.

独りきりで歩いた 当たり前の毎日 囲ま ...

a little more

降り注ぐ星の光の中 見上げる夜空(そら) ...

永遠の都市へ

ここから旅立とう 再び出逢えること信じて ...

ふゆみどり

とまる枝なくして飛び立つハチドリの声 ...

白夜幻想譚

(M・W・T M・A・G Y・S B・N ...

遥かな空間へ

Aria le fosia syoa r ...