男嫌い 歌詞

歌:瀬川瑛子

作詞:田久保真見

作曲:有賀十三

曇りガラスに 孤独という文字(じ)
書いてみる夜更け ルージュが乾く
男嫌いを 気取りながら
あなた以外もう 愛せない

いやよ いやよ だめよ いやよ
はやく 逢いに来て
抱かれたいの 女だから

夢を見るなら 今のうちだと
満月が赤く 誘いかけてる
男嫌いを 気取るわけは
傷つくのがもう こわいだけ

いやよ いやよ だめよ いやよ
愛が あふれてる
溺れたいの 女だから

おとこ ぎらい なんて うそよ
はやく 逢いに来て
抱かれたいの 女だから
瀬川瑛子の人気歌詞
命くれない

生まれる前から 結ばれていた そんな気 ...

春の海

鍋と茶碗を 揃えただけで それを所帯と ...

雨降りやまず

あんた、疲れましたか 人生は 難儀です ...

涙色

涙の色は… 甘く切ない 恋の色 オリ ...

わすれ宿

これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは ...

長崎の夜はむらさき

雨にしめった 賛美歌の うたが流れる ...

月夜舟

神さまが 逢わせてくれた この人と 我 ...

しあわせ暦

この胸の 根雪も溶けて こころにやさし ...

母さんの手

おまえはほんとに いい子だと 頭をなで ...

憂き世川

昨日や今日の 夫婦じゃないわ どこの誰 ...