天使と悪魔 歌詞

歌:

作詞:近野淳一

作曲:近野淳一

そうさ 誰も嫌いさ
ニヤリと廊下 笑ってるんだろう
うつ伏せて眠った
眠ったように見せている毎日

心が腫れてゆくのを止められない
足跡を辿り その理由を探せば
裏切り者は 君さ

本当の君と天使と悪魔と
嘘偽り混じり現実と
朝になれば 噂話たちが
君を問い詰める

そうさ みんな好きさ
おいでよなんて 鉛に呼びかける
俯いて泣いた 泣き顔なんて見せられず
振り払った

その手が後ずさりしていなくなった
失うことは容易いもので
いつしか能力のよう

一人+一人は二人でも
君+君なんてゼロにも満たない

本当の君と天使と悪魔と
嘘偽りもまた真実で
夜はやっと一人になれたねと
君を閉じ込める
天使と悪魔 のCD・楽譜
鴉の人気歌詞
巣立ち

咲き乱れし夜の街に真昼間の眼 届くはず ...

夢を見たよ 僕が死んだとき 全ての幕が ...

児童公園前

ああ、今 春風が世界を始めようとしている ...

舞台裏

わあなたに近づく薄情の群れ ここで眺め ...

最後の歌

もう二度と もう二度と 君のため歌えぬ ...

花びら

どうしてもまだ見たいよね またしても ...

演者の憂鬱

揺るがないひとつがそこにあるなら 誰か ...

蒼き日々

わからなくて 答えが二つ ここにひとつ ...

一週間

あれから何かが変わったとするなら ほん ...

時の面影

飛び立っていくよ 消え去っていくよ ...

居場所

感傷形成気分はいかが これであの子とつ ...

劣等星

君に何が僕に何が言えたのだろうか 今宵 ...

爽鬱

ひとりなのかい? 君はいつもそうやって ...

帰る場所

大切な合言葉 今はただの売り言葉 傷跡 ...

弧ノ儘

最初の悲しみを捨てられず君がいて 最初 ...

幻想蝶

知らないままでいられたなら それはそれで ...

小さな手

時計の針が動くたび引き裂かれていた 二 ...

夏色

風と夏草の囁きに太陽が笑った 私は曇り ...

Am

泣かないでこれ以上 笑ってなんて言わな ...

手紙

手紙を書くよ 君のために 昨日できたメロ ...