Scarlet Emblem 歌詞

歌:原田ひとみ

作詞:稲葉エミ

作曲:前澤寛之

一欠片の星もない
巨大な迷路の真ん中で
空を見上げてた

僕は何を目印に
歩き出せばいいのだろう
名前のない道

孤独という名の
岩を積み上げた
自分だけの城
いっそ壊して

何もかも 失くしてもひとつだけ
手のひらに残った 熱い欠片
強く 強く 傷つくほど
そう 握りしめて
明日へ 駆け出す
情熱はここにあるから

蒼い空を見上げては
救いの手を求めてた
ひたむきな瞳

傷だらけの無力な手
それでもきっと掴むため
自分から伸ばして

たとえ最後に
諦めそうになっても
胸の炎が
導火線になる

もし世界が暗闇に消されても
抱きしめた想い 光る欠片
目の前の景色さえ
そう 変わるほどに
激しく 燃やして
魂はここにあるから

生まれた理由も
生かされる意味も
生きてゆく果てに
いつか呼び覚ます
心の叫びは
赤い炎上げて 今

もし世界が暗闇に消されても
抱きしめた想い 光る欠片
強く 強く 傷つくほど
そう 握りしめて
明日へ 駆け出す
情熱はここにあるから
燃やしてるから

この手に、すべて。
原田ひとみの人気歌詞
emotional flutter

笑顔残る 帰り道に いつかなくした 声 ...

Once

だから行かないで 僕のいない未来 あの ...

Anicca

恋い焦がれる想いは 痛み 吸い上げ 私 ...

ルシファーと言う名の翼

その翼に私を乗せて いま 悲しみの向こ ...

Overdrive

柔い肌の下、鋼鉄の血が流れてる 誰にも ...