九段の母 歌詞

歌:清水博正

作詞:石松秋二

作曲:熊代八郎

上野駅から 九段まで
かって知らない じれったさ
杖(つえ)を頼りに 一日がかり
せがれ来たぞや 会いに来た

空をつくよな 大鳥居
こんな立派な おやしろに
神とまつられ もったいなさよ
母は泣けます うれしさに

両手あわせて ひざまづき
おがむはずみの おねんぶつ
はっと気付いて うろたえました
せがれゆるせよ 田舎者

鳶(とび)が鷹(たか)の子 うんだよで
今じゃ果報(かほう)が 身に余る
金鵄勲章(きんしくんしょう)が みせたいばかり
逢いに来たぞや 九段坂
清水博正の人気歌詞
雨恋々

雨の路地裏 灯の影で ひとり泣いてる恋 ...

ギター鴎

夜の裏町 ネオンの海に 今日もただよう ...

人生一番

俺がえらんだ 歌ひとすじの 道は茨の  ...

こんな私でよかったら

つめたい指だと掌でつつみ あなたのやさ ...

芸道一代

いのち一筋 芸一筋で 勝つか負けるか  ...

ありがとうを言えますか

笑顔と一緒に 人はいつか 大事なことば ...

赤城の子守唄

泣くなよしよし ねんねしな 山の鴉が  ...