世界で一番ステキな君へ。 歌詞

歌:ソナーポケット

作詞:Sonar Pocket

作曲:Sonar Pocket

どんな時も俺がいるよ だから決して君は独りじゃない
雨の日も風の日もたとえ雪が降っても きっと大丈夫
だから泣いて悩んだって きっとそんな時があってもいい
その後は新しい笑顔見つけにゆこう これからも二人でずっと

真夜中の電話「何かあったの?」って俺が聞いても
「何もないよ」って心配させまいと強がってる
そんな誰よりも優しい君だから
愚痴があったら俺が聞くよ
我慢とか遠慮とかマジしないでよ
ただ独りで抱え込むのだけはやめてよ
忘れないでいつも俺は君の味方なんだ
完璧じゃなくていい 足りないところはほら
二人で補って行けばいいから

どんな時も俺がいるよ だから決して君は独りじゃない
雨の日も風の日もたとえ雪が降っても きっと大丈夫
だから泣いて悩んだって きっとそんな時があってもいい
その後は新しい笑顔見つけにゆこう これからも二人でずっと

君の見せる笑顔が好きです。それだけで元気になれます。
君の事を必要としてる人が近くに居るんだよ。
俺にとってかけがえのない 大切な大切な存在だよ
君も俺と同じような気持ちでいてくれたら嬉しいな…
今まで頑張ってきた1つ1つを俺は知ってる
分かっているよ君のこと この先もずっと

どんな時も俺がいるよ だから決して君は独りじゃない
雨の日も風の日もたとえ雪が降っても きっと大丈夫
だから泣いて悩んだって きっとそんな時があってもいい
その後は新しい笑顔見つけにゆこう これからも二人でずっと

ありのままの君で居て欲しいから いつでもそばにいるよ
君の涙・笑顔すべて俺に見せてよ
君が幸せって思える日々を作るよ
だって君は世界一素敵だから

どんな時も俺がいるよ

どんな時も俺がいるよ だから決して君は独りじゃない
雨の日も風の日もたとえ雪が降っても きっと大丈夫
だから泣いて悩んだって きっとそんな時があってもいい
その後は新しい笑顔見つけにゆこう これからも二人でずっと
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
線香花火~8月の約束~

歌:ソナーポケット

人で溢れた江ノ島で 二人だけのパラソルの ...

Get U

歌:井上苑子

きっと忘れてるよね? そう「あの映画見 ...

おんなのこ

歌:井上苑子

おんなのこは 強がって言えないの 恥ず ...

ファーストデート

歌:井上苑子

目が覚めてもまだ夢の中 タタタタリラ ...

歌:星野源

営みの 街が暮れたら色めき 風たちは ...

シングル・アゲイン

歌:竹内まりや

あなたを連れ去る あの女性の影に 怯え ...

帽子と水着と水平線

歌:aiko

それは偶然で あの日雨が降ったから 君 ...

線香花火

歌:井上苑子

昨日の土砂降りが濡らした アスファルトが ...

れんげ畑

歌:aiko

急に逢いたくなったのは 大きな山に流れる ...

サヨナラバイバイ

歌:井上苑子

サヨナラバイバイ ずっと 会えないの ...

歌:井上苑子

そっと手握って あなたのぬくもりを感じ ...

ソナーポケットの人気歌詞
365日のラブストーリー。

365日 全ての日々を君と居たい どん ...

信じてた人に裏切られて 誰かを信じること ...

失恋~君は今、幸せですか?~

指輪外して 気付いたって もう遅くて ...

ai

ただキミが好き、きみが好き、君が好き ...

「でも…。でも…。でも…。」

あの日あの場所でお前と出逢わなければ二人 ...

ホントお前で良かった。

やっと見つけたお前を 出会った時から何処 ...

スタートライン!

一つ大人になる度に 余分な飾りも増えてく ...

片想い。~リナリア~

片想いはこんなに苦しくて 心壊れてしまい ...

戻らないラブストーリー。

もっと早く二人出逢って 誰より早く好きに ...

一生一瞬

一生は一瞬です だから君を大切にしたい ...

笑顔の理由。

踵を履きつぶした靴が、 照り返すアスフ ...

My Honey

My Honey 世界を変えてくれた こ ...

愛をこめて贈る歌

あなたの人生5分だけでいい 今から全て ...

X'masラブストーリー。

I WISH 君と出逢って 君に恋して  ...

夜空咲いた星の下で。~I promise you~

夜空咲いた星の下で二人想い重ねたなら ...

ホイッスル!!!

カウントダウン!そろそろ動き出す! 分 ...

線香花火~8月の約束~

人で溢れた江ノ島で 二人だけのパラソルの ...

誰よりも頑張ってる君へ(ko-daiソロ)

あぁ今日も疲れたよ 何のために生きてるん ...

Rain

心のどこか気づいていた いつか終わりが来 ...