ディアマン 歌詞

歌:BUMP OF CHICKEN

作詞:藤原基央

作曲:藤原基央

怖がりな少年 どんどんギターを歪ませた
他人は少しも 解ってくれなかった
5Wのアンプが なるべく小さく絶叫した
閉め切った窓 三日月が覗いてた

布団被ってイヤホン ラジオなかなかのボリュームで
キラキラした音が 体を走り回った
大好きなシンガー なんで好きなのか解らない
目を閉じれば すぐ側にいた 確かに

その声とこの耳だけ たった今世界に二人だけ
まぶたの向こう側なんか 置いてけぼりにして

どこにだって行ける 僕らはここにいたままで
心は死なないから あの雲のように遠くまで
何にだってなれる 今からだって気分次第
退屈なシナリオも 力ずくで書き直せる

何も知らないんだ 多分 全然足りないんだ まだ

「常に誰かと一緒 似たような恰好 無駄に声がでかい」
「話題は繰り返し ジョークはテレビで見た」
「語り合い 励まし合い ケンカする 仲間が大事」
そういうのを見下している 腹の底

怖がりな少年 どんどん自分を強くした
キラキラしたものの 裏側を疑った
変わってしまったシンガー 昔のようには歌わない
がっかりした そのうちなくした 興味を

易々と気は許さないさ 紛い物ばかりに囲まれて
まぶたのこちら側で ずっと本物だけ見てる

大勢の人がいて ほとんど誰の顔も見ない
生活は続くから 大切な事だってあるから
情報が欲しくて ドアからドアへと急いで
心は待てないから どうせ雲のように消えるから

何も知らないんだ 多分 全然足りないんだ まだ

変われなかった少年 昔のようには笑えない
そういう意味では 変わったと言えるのかも
何に勝ちたいのか どんどん自分を強くした
解ろうとしないから 解ってくれなった

変われなかったシンガー 同じ事しか歌えない
それを好きだった頃の自分は きっと好きだった
5Wのアンプが 小さいながらも絶叫した
目を開けたら 全てを側にいた 未だに

懐かしむ事はない 少年はずっと育ってない
昔話でもない 他人事でもない でもしょうがない
何にだってなれない 何を着ようと中身自分自身
読み馴れたシナリオの その作者と同じ人

アンプは絶叫した 懸命に少年に応えた
シンガーは歌った イヤホンから少年へと
どこにだって行ける 僕らはここにいたままで
心は消えないから あの雲のように何度でも

何も知らないんだ 多分 全然足りないんだ まだ
その声とこの耳だけ この声とその耳だけ
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
告白

歌:HY

突然 僕の前に現れた春 全てを巻き込み ...

ほんとのほんと

歌:BUMP OF CHICKEN

尖った言葉がいくつか 壁にぶつかって 転 ...

レイニー ブルー

歌:徳永英明

人影も見えない 午前0時 電話BOXの ...

Because...feat.中村舞子

歌:LGYankees

【hook 1】 あなたに伝えたい想い ...

Chai Maxx

歌:ももいろクローバー

頑張っChai Maxx 冗談?Cha ...

ミラーボール

歌:東京事変

黙って見つめた傍のグラス 真紅に刷られた ...

出逢えた奇跡 feat. LGYankees

歌:LGYankees Produce aagna

[HIRO from LGYankees ...

OH!!!! 迷惑!!!!

歌:GReeeeN

「街のはずれでシャバダバー♪」 なんて ...

KissHug

歌:aiko

友達だなんて一度も思った事はなかった ...

voice

歌:嵐

どこまでも広がっている 夕暮れ色の空 ...

チルノのパーフェクトさんすう教室

歌:IOSYS

キラキラ ダイアモンド 輝く星のように ...

BUMP OF CHICKENの人気歌詞
天体観測

午前二時 フミキリに 望遠鏡を担いでった ...

カルマ

ガラス玉ひとつ 落とされた 追いかけても ...

ray

お別れしたのはもっと 前の事だったような ...

GO

歩くのが下手って気付いた ぶつかってばか ...

K

週末の大通りを 黒猫が歩く 御自慢の鍵 ...

友達の唄

あなたが大きくなるまでに 雨の日なんて何 ...

ラフ・メイカー

涙で濡れた部屋に ノックの音が転がった ...

アルエ

白いブラウス似合う女の子 なぜいつも哀し ...

車輪の唄

錆び付いた車輪 悲鳴を上げ 僕等の体を ...

花の名

簡単な事なのに どうして言えないんだろう ...

HAPPY

健康な体があればいい 大人になって願う事 ...

66号線

聞かなきゃいけない話が 全く頭に入らない ...

ハルジオン

虹を作ってた 手を伸ばしたら 消えてった ...

メーデー

君に嫌われた君の 沈黙が聴こえた 君の ...

sailing day

目を閉じたその中に 見えた 微かな眩しさ ...

宝石になった日

夕立が屋根を叩いた唄 窓の外で世界を洗っ ...

宇宙飛行士への手紙

踵が2つ 煉瓦の道 雨と晴れの隙間で歌っ ...

ロストマン

状況はどうだい 僕は僕に尋ねる 旅の始 ...

supernova

熱が出たりすると 気付くんだ 僕には体が ...

サザンクロス

その胸にしまった火に憧れた 飲み込まれて ...