ディアマン 歌詞

歌:BUMP OF CHICKEN

作詞:藤原基央

作曲:藤原基央

怖がりな少年 どんどんギターを歪ませた
他人は少しも 解ってくれなかった
5Wのアンプが なるべく小さく絶叫した
閉め切った窓 三日月が覗いてた

布団被ってイヤホン ラジオなかなかのボリュームで
キラキラした音が 体を走り回った
大好きなシンガー なんで好きなのか解らない
目を閉じれば すぐ側にいた 確かに

その声とこの耳だけ たった今世界に二人だけ
まぶたの向こう側なんか 置いてけぼりにして

どこにだって行ける 僕らはここにいたままで
心は死なないから あの雲のように遠くまで
何にだってなれる 今からだって気分次第
退屈なシナリオも 力ずくで書き直せる

何も知らないんだ 多分 全然足りないんだ まだ

「常に誰かと一緒 似たような恰好 無駄に声がでかい」
「話題は繰り返し ジョークはテレビで見た」
「語り合い 励まし合い ケンカする 仲間が大事」
そういうのを見下している 腹の底

怖がりな少年 どんどん自分を強くした
キラキラしたものの 裏側を疑った
変わってしまったシンガー 昔のようには歌わない
がっかりした そのうちなくした 興味を

易々と気は許さないさ 紛い物ばかりに囲まれて
まぶたのこちら側で ずっと本物だけ見てる

大勢の人がいて ほとんど誰の顔も見ない
生活は続くから 大切な事だってあるから
情報が欲しくて ドアからドアへと急いで
心は待てないから どうせ雲のように消えるから

何も知らないんだ 多分 全然足りないんだ まだ

変われなかった少年 昔のようには笑えない
そういう意味では 変わったと言えるのかも
何に勝ちたいのか どんどん自分を強くした
解ろうとしないから 解ってくれなった

変われなかったシンガー 同じ事しか歌えない
それを好きだった頃の自分は きっと好きだった
5Wのアンプが 小さいながらも絶叫した
目を開けたら 全てを側にいた 未だに

懐かしむ事はない 少年はずっと育ってない
昔話でもない 他人事でもない でもしょうがない
何にだってなれない 何を着ようと中身自分自身
読み馴れたシナリオの その作者と同じ人

アンプは絶叫した 懸命に少年に応えた
シンガーは歌った イヤホンから少年へと
どこにだって行ける 僕らはここにいたままで
心は消えないから あの雲のように何度でも

何も知らないんだ 多分 全然足りないんだ まだ
その声とこの耳だけ この声とその耳だけ

BUMP OF CHICKENについて

藤原基央(Vo&G)1979年4月12日O型。増川弘明(G)1979年12月20日A型。 直井由文(B)1979年10月9日A型。升秀夫(Dr) 1979年8月10日A型。 千葉県は佐倉市。幼稚園から幼馴染の4人は、同じ小学校を経て中学で再会。中学3年生の文化祭用に組んだバンドが BUMP OF CHICKENのスタートとなる。BUMP OF CHICKENというバンド名の意味は「弱者の反撃」。2002年2月20日にリリースされたメジャー・ファーストアルバム「jupiter」は、並み居る強豪を抑えてオリコン初登場第1位を獲得。
ディアマン のCD・楽譜
BUMP OF CHICKENの人気歌詞
ギルド

人間という仕事を与えられて どれくらいだ ...

スノースマイル

冬が寒くって 本当に良かった 君の冷え ...

K

週末の大通りを 黒猫が歩く 御自慢の鍵 ...

天体観測

午前二時 フミキリに 望遠鏡を担いでった ...

ray

お別れしたのはもっと 前の事だったような ...

新世界

君と会った時 僕の今日までが意味を貰った ...

カルマ

ガラス玉ひとつ 落とされた 追いかけても ...

月虹

夜明けよりも手前側 星空のインクの中 ...

ゼロ

迷子の足音消えた 代わりに祈りの唄を ...

記念撮影

目的や理由のざわめきからはみ出した 名付 ...

アンサー

魔法の言葉 覚えてる 虹の始まったところ ...

Aurora

もうきっと多分大丈夫 どこが痛いか分かっ ...

プラネタリウム

四畳半を拡げたくて 閃いてからは速かった ...

HAPPY

健康な体があればいい 大人になって願う事 ...

花の名

簡単な事なのに どうして言えないんだろう ...

車輪の唄

錆び付いた車輪 悲鳴を上げ 僕等の体を ...

メーデー

君に嫌われた君の 沈黙が聴こえた 君の ...

supernova

熱が出たりすると 気付くんだ 僕には体が ...

シリウス

約束をしただろう 遥かな どこか いつか ...

ロストマン

状況はどうだい 僕は僕に尋ねる 旅の始 ...