ふるさと恋しや 歌詞

歌:清水博正

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

雪どけ水の 音さえて
春呼ぶ北国 雲がゆく
白いりんごの 花咲く季節(ころ)は
風に花びら 散る里よ
ふるさと恋しや ふるさと恋し
青空 そよかぜ 白樺林

あの娘は去年 遠い町
嫁いで行ったと 母だより
好きと言えずに 無人の駅で
泣いて別れた 十九の春よ
ふるさと恋しや ふるさと恋し
鬼灯(ほおずき) せせらぎ 蛍のまつり

あれから十年 追いかけた
都会にはぐれた 夢いくつ
酒に不幸の 数々ついで
親にわびてる 縄のれん
ふるさと恋しや ふるさと恋し
落葉松(からまつ) 星屑 里わの灯り
清水博正の人気歌詞
雨恋々

雨の路地裏 灯の影で ひとり泣いてる恋 ...

ギター鴎

夜の裏町 ネオンの海に 今日もただよう ...

人生一番

俺がえらんだ 歌ひとすじの 道は茨の  ...

こんな私でよかったら

つめたい指だと掌でつつみ あなたのやさ ...

芸道一代

いのち一筋 芸一筋で 勝つか負けるか  ...

ありがとうを言えますか

笑顔と一緒に 人はいつか 大事なことば ...

赤城の子守唄

泣くなよしよし ねんねしな 山の鴉が  ...