安曇野の春 歌詞

歌:清水博正

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

緑さやかな 安曇野の
仰ぐ常念岳(じょうねん) 光る風
胸にせつなく うかびくる
いとしき女よ あゝ君よ
想い出すたび
涙あふれて とめどなく

空はあかあか 白樺の
風に吹かれて 野辺を行く
つらい別れに 泣いていた
いとしき女よ あゝ君よ
遠い浮雲
ふたり黙って 眺めてた

水草(みくさ)生う瀬の せせらぎに
うたう命の 響きあり
春はめぐれど かえらない
いとしき女よ あゝ君よ
いまひとたびの
花のかほりを この胸に…
清水博正の人気歌詞
雨恋々

雨の路地裏 灯の影で ひとり泣いてる恋 ...

ギター鴎

夜の裏町 ネオンの海に 今日もただよう ...

人生一番

俺がえらんだ 歌ひとすじの 道は茨の  ...

こんな私でよかったら

つめたい指だと掌でつつみ あなたのやさ ...

芸道一代

いのち一筋 芸一筋で 勝つか負けるか  ...

ありがとうを言えますか

笑顔と一緒に 人はいつか 大事なことば ...

赤城の子守唄

泣くなよしよし ねんねしな 山の鴉が  ...