結いの心 歌詞

歌:成世昌平

作詞:もず唱平

作曲:桧原さとし

この家(や)の娘が 婿取るらしい
噂がこの夏ひろがった
本家の隠居が気にかけて
アチコチ知る辺に声を掛け
たった半月少々で
我が家の屋根が葺き替わる
エンヤサ エンヤサ 日本の秋の あゝ結いの里

今どき田舎の暮らしがいいと
都会にお尻を向けた男(ひと)
見どころあるねと片親が
喜び隠さず 恵比寿顔
無縁有縁の隔てなく
御神酒(おみき)で騒ぐ皆の衆
エンヤサ エンヤサ 日本の冬の あゝ結いの里

男手出来たと 肩の荷降ろし
にっこり笑顔の母をみて
今年の田植えはまだ無理と
心配するのはあげ雲雀
何の懸念があるもんか
見ておれ 村の心意気
エンヤサ エンヤサ 日本の春の あゝ結いの里
成世昌平の人気歌詞
虎落の里

泣け泣けと 雪が呼ぶ 伊吹のこの里に ...

雪の宿

雪が舞う はらはら脅(おび)え あなた ...

鶴の舞橋

お岩木山に 残る雪 ここで暮せたら い ...