夜明けの風 歌詞

歌:ジェロ

作詞:TANUKICHI

作曲:平尾昌晃

ふるさとの花びら
見送るように舞い散る
忘れるため振り向かず
消せない日々忘れたい
一人孤独抱いて 笑顔の向こう
続く道を願う
思い出よ 遠く未来へ
悲しみよ 涙よさよなら
どんな 辛い事が来ても
会える 生きてさえいれば いつか
断ち切れぬ想いが
男の胸でざわめいてた
夜明けの風の中で

舞い落ちたひとひら
たたかう男空見る
君のために前を向け
最後の夜胸に秘め
二人いつも今も 誰より信じ
絆深く愛を
この闇の 果てを目指して
歩き出せ 光を探して
命 燃える限り強く
願い この恋にともれ いつか
陽が昇る明日には
男の背中照らしていた
夜明けの霧と月が

どんな 辛い事が来ても
会える 生きてさえいれば いつか
断ち切れぬ想いが
男の胸でざわめいてた
夜明けの風の中で
ジェロの人気歌詞
海雪

凍える空から 海に降る雪は 波間にの ...

東西南北ひとり旅

あの娘いるとこ 南長崎 花とザボンの  ...

折鶴

誰が教えてくれたのか 忘れたけれど折鶴 ...

桜坂

この坂道が花吹雪になる前 君はこの街を ...

えいさ

すが漏りの浮き名の独り暮らし あなたの ...

やんちゃ道

泥んこで泣かされて帰って来ても 鼻水垂 ...

宗右衛門町ブルース

きっと来てねと 泣いていた かわいあの ...

Break My Heart

Here I sit In this ...