シーラカンス 歌詞

歌:日食なつこ

作詞:日食なつこ

作曲:日食なつこ

水切の石みたいに 放り出されたあたしの体
一度水面を擦めるとそれは 段々と頻度を増して
やがて水中に沈んでいく

水の中では鰭(ひれ)が生えた 泳ぎ回るあたしの体
だけど所詮地上の生き物 水の底は虚しすぎる

上を目指して泳ぎ始めた 水の上へ顔を出した途端
叩き付ける波があたしを 水中へ押し戻そうとしたけれど

お前が待ってくれてるから あたしは戻りたいと頑張れるの
今はこの姿見えずとも 必ずいつか地上に帰るから

幾度となく跳び跳ねては 再出発を試みるけど
いつも失敗落ちては沈む 人はそのたび指さして笑う

下を目指して泳ぐのをやめた もはや跳ねる力も絶え果てた
笑われたくないという言い訳 希望は水圧で押し潰された

他の誰もが呆れて やがてみんな背中を向けても
お前は待ってくれてたのか あたしにはそうとしか見えなかった
ああ

このまま沈みこんだなら 伝説にだってなれそうね
それを「許さない」と叫ぶ声

お前がいてくれるから あたしは戻りたいと頑張れるの
今はこの姿見えずとも 必ずいつか

お前が待ってる地上まで もう幾らもないあとひと泳ぎ
歪んでしか見えなかった太陽の 輪郭を今掴んだ
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
第3ボタン

歌:SHISHAMO

君の匂いを知らないよ だから忘れること ...

キラーボール

歌:ゲスの極み乙女。

そう何回でも言ってやるよ 君の中で踊る ...

優しくなりたいな

歌:スピッツ

君のことを知りたい どんな小さなことも ...

染まるよ

歌:チャットモンチー

歩き慣れてない夜道を ふらりと歩きたくな ...

日食なつこの人気歌詞
水流のロック

流れもしないよ停滞のさなか 景色は似た ...

エピゴウネ

あの日夢を乗せて打ち上げた ロケットの ...

雨雲と太陽

雨雲は恋をした 相手はきらきらの太陽 ...

ヒューマン

何千万もの生物種の中で ただひとり言葉を ...

数える

準備はできたかい 閉められない鞄の口 ...

青いシネマ

音を立てて回転を続ける映写機はかたかた ...

竜巻のおどる日

冬の嵐 揺れる街 突き飛ばすような強い ...

ログマロープ

断崖絶壁切り立った崖のその切っ先に立って ...

floating journey

非現実世界への招待状はいつも突然に 私 ...

あのデパート

おさないころには母のくるまで かぞくでで ...

11年

1980年代に取り壊された建造物 物心 ...

Fly-by

あてにしないでね 最後は欺くつもりだから ...

三面鏡

毎日おんなじ場所にいる猫は道行く人々に ...

夕立

ほてったアスファルトが蒸発する匂い 止 ...

非売品少女

花は風に舞っては揺れるものそして少女はい ...

10円ガム

かんから閑散土手河原 ゆらゆら夕日は夢 ...