夕立 歌詞

歌:日食なつこ

作詞:日食なつこ

作曲:日食なつこ

ほてったアスファルトが蒸発する匂い
止まった空間を掻き乱す虫取り網
終わってゆく夏の午後の気だるさから
人の気配が消えていく

至って陽気な向こう見ずの青空
すみっこ
押し遣られて積もり積もったもの
渡っていこうかあの入道雲

夕立がくる

雨音に紛れて死に絶えるほど泣くとき
あなたが隣にいたことなど1度もない
その掌の優しさには甘んじない
全部ひとりで背負うよ

決まって全て何1つ長くは続かない
あさっての方へ飛んで消えた眩いもの
黙って見送る
もはや悔やむ気さえもない

幸せは死に絶えた

土砂降りに捧げた貴重な大事な命
あなたに知らせる必要性は見い出さずに
さよならの意味はきっと履き違えられる
ならば いっそ もう 何も

終わってゆく 夏の午後の気だるさから
少女が夕立に消えた
日食なつこの人気歌詞
水流のロック

流れもしないよ停滞のさなか 景色は似た ...

エピゴウネ

あの日夢を乗せて打ち上げた ロケットの ...

雨雲と太陽

雨雲は恋をした 相手はきらきらの太陽 ...

ヒューマン

何千万もの生物種の中で ただひとり言葉を ...

数える

準備はできたかい 閉められない鞄の口 ...

青いシネマ

音を立てて回転を続ける映写機はかたかた ...

竜巻のおどる日

冬の嵐 揺れる街 突き飛ばすような強い ...

ログマロープ

断崖絶壁切り立った崖のその切っ先に立って ...

floating journey

非現実世界への招待状はいつも突然に 私 ...

あのデパート

おさないころには母のくるまで かぞくでで ...

11年

1980年代に取り壊された建造物 物心 ...

Fly-by

あてにしないでね 最後は欺くつもりだから ...

シーラカンス

水切の石みたいに 放り出されたあたしの体 ...

三面鏡

毎日おんなじ場所にいる猫は道行く人々に ...

非売品少女

花は風に舞っては揺れるものそして少女はい ...

10円ガム

かんから閑散土手河原 ゆらゆら夕日は夢 ...