夜の歌 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

雨が降り始めて 僕はふと歩みを緩めた
雨雲に滲む月明かり あれが僕の目指す光
見えない物だから 見失っても当たり前
今日も僕は僕の心に 確かめて歩く夜明け前
この一生に 意味があって 何か託されてるとしたら
それはきっと つまらないよな 僕に意味なんかなくても いいよ

夜の中で 息を潜めて 僕らは朝を 待っていやしない
些細な傷と 君は戦う 明日はきっと 笑えるように

希望は唯一つで 諦める訳は捨てるほど
ぬかるんだ道に立ち尽くし 行こうか戻ろうか悩んで
結局歩き続けて その向こうで光が射して
その時僕らは思うだろう 「今まで生きていて良かった」
その一瞬の 為だったんだ 今まで積み上げたガラクタ
多くの時間 多くの挫折 数えきれない程の涙

夜の中で 息を潜めて 僕らは朝を 待っていやしない
この失望に 僕は抗う 明日もきっと 歩けるように

雨粒が落ちて アスファルトで弾ける
叶わない願いならいっそ洗い流すか
立ち止まっては悩んで 不安を消しては歩いて
そんな繰り返しで僕等の旅路は続く
その手を伸ばしていてよ その胸が凍えていても
不安の雨の 中で今夜は雨宿りしてさ

夜の中で 息を止めてた それでも朝は やって来るから
この寂寥に 僕らは生きる ただ一瞬の 輝きのために

雨が降り止んで 僕はやっと歩き始めた
青空にうすく昼のつき あれが僕の目指す光
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
ワンルーム叙事詩

歌:amazarashi

家賃6万のアパートで僕らは世界を旅する ...

スピードと摩擦

歌:amazarashi

切れかけた街灯に照らされて 明滅繰り返す ...

サクラ、散ル…

歌:Gackt

キミといたこの場所で また季節は通り過 ...

a day

歌:吉田拓郎

こんなにつらい日があるんだネ 朝から意 ...

少年少女

歌:amazarashi

校庭の隅っこで 体育座りしてぼんやりと見 ...

地球の上に朝が来る

歌:川田義雄とミルク・ブラザース

地球の上に朝が来る その裏側は夜だろう ...

ポエジー

歌:amazarashi

僕らは順応しない 僕らは反省しない 僕ら ...

アジアの夜

歌:山田涼介

君は幻のLady 灼熱が僕を包み込む ...

雨男

歌:amazarashi

酷く疲れた幾つもの顔が 車窓に並ぶ東横線 ...

歌:浅井健一

キスしてさ Keyさして 歌うのさ 宇 ...

根にもってます

歌:在日ファンク

根に根に根に根に 根に根に根に 根にも ...

amazarashiの人気歌詞
つじつま合わせに生まれた僕等

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...

スターライト

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

無題

木造アパートの一階で 彼は夢中で絵を描い ...

終わりで始まり

いつもの帰り道ふと 見上げたいつもの夜空 ...

メーデーメーデー

茫漠たる享楽の混濁する網膜を 老若男女す ...

夏を待っていました

君はまだ覚えてるかな 幼い頃の暑い六月 ...

少年少女

校庭の隅っこで 体育座りしてぼんやりと見 ...

アノミー

愛など無い知らない 謎解けない吐きたい ...

冷凍睡眠

冷えたコンクリート もたれて頬を付ける ...

もう一度

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

光、再考

もし生まれ変わったらなんて言いたくない  ...

ワンルーム叙事詩

家賃6万のアパートで僕らは世界を旅する ...

ひろ

ひろ お前に話したい事が 山ほどあるんだ ...

自虐家のアリー

いずれにしても立ち去らなければならない ...

雨男

酷く疲れた幾つもの顔が 車窓に並ぶ東横線 ...

ナモナキヒト

一人の夜の寂しさを 言い訳にしてみても ...

未来づくり

思えば僕はずっと僕の事 嫌いだったんだ  ...

穴を掘っている

穴を掘っている 人生どこで間違えた 穴 ...

奇跡

今夜生まれてくる命と 死んでしまう命 そ ...

あんたへ

はやく 涙拭けよ 笑い飛ばそう 僕らの過 ...