14歳 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

灰の歌 才能不在 哀悼弔い

常磐線下りのホーム 電線にとまるカラスの憂鬱
それを見ている彼女が抱える笑い飛ばせない日々の憂鬱
毎日同じ繰り返しだけどもう子供じゃないんだから
去った物は追いかけず 過ぎたことは振り返らず
間違ってる気もするけど きっとしょうがないわ
夢を見て上京した 少年の長い髪が
都市のビル風に揺れている それを彼女は見てる
見てる カラスの目玉で見てる 見てる

灰の歌 才能不在 哀悼弔い

ここがどこかなんて分からない 冷めた嘲笑が気に食わない
あれはアレイの白色矮星 それで僕は燃やされてしまいたい
いっその事灰になって 風に吹かれて消えてしまえ
鍵をかけた部屋に篭って 燃え尽きるも何もありゃしねぇ
オレンジ色のマンションの ベランダで親子が笑ってた
きっと明日もいいことが 起こると信じて疑わない
そんな響きの声だから 僕らの胸は張り裂けた
遠くに雨雲 明日はきっと雨だから

楽しくないけど笑ってみた それでも僕等空っぽだから
今すぐ何かを始めなくちゃ それなら僕は歌を歌うよ
好きな歌を歌う

灰の歌 才能不在 哀悼弔い

なによりも普通を望んでた少年期の自意識の屋根裏
「人に嫌われたくなかった」 そんな名前のポスターで部屋は真っ暗
いったい僕はなんになれる って結局何者でもありゃしねぇ
青春の残り火みたいな 夜露をすすって今日も生きる
アメリカの映画みたいな ハッピーエンドは来なかった
結局僕は僕だから 結局今日は今日だった
明日を変えられる力が 僕らにはあるはずだった
テレビはいつものバラエティー 少し笑えた

悲しくないけど涙落ちた いつでも僕等空っぽだから
今すぐ何かを始めなくちゃ それなら僕は歌を歌うよ
好きな歌を歌う 好きな歌を歌う 好きな歌を歌う

死にたくないけど手首切った 彼女は今日も空っぽだから
今すぐ何かを伝えなくちゃ それなら僕は歌を歌うよ
生きたくないけど生き残った 結局全部ゴミくずだから
今すぐ何かを始めなくちゃ それなら僕は歌を歌うよ
好きな歌を歌う 好きな歌を歌う 好きな歌を歌う

amazarashiについて

ロックバンド 《メンバー》 ・秋田ひろむ  ボーカル&ギター担当。 ・豊川真奈美  キーボード担当。
amazarashiの人気歌詞
季節は次々死んでいく

季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる ...

独白

私が私を語るほどに 私から遠く離れてしま ...

帰ってこいよ

稲穂が揺れる田舎の風は 置いてきぼりの季 ...

月曜日

体育倉庫のカビたウレタンの匂い コートラ ...

とどめを刺して

失望したって君が言う時 君は失望の彼女み ...

空洞空洞

耳を塞いだって ざわめきは聞こえてくる  ...

マスクチルドレン

この世界は少し煩すぎるから カーテンを全 ...

もう一度

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

アルカホール

宵の淵に腰掛け物思い 街は馴れ馴れしかっ ...

隅田川

面映い思い出一つ 紐解く手が震えています ...

メーデーメーデー

茫漠たる享楽の混濁する網膜を 老若男女す ...

命にふさわしい

好きな人ができた 確かに触れ合った アス ...

さよならごっこ

憂鬱が風に散らばり 吹きだまって影になる ...

奇跡

今夜生まれてくる命と 死んでしまう命 そ ...

スターライト

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

抒情死

アイデンティティが東京湾に浮かんでいる ...

たられば

もしも僕が天才だったなら たった一つだけ ...

虚無病

諸行無常未来都市 輪廻の環状線 抜け出せ ...

リビングデッド

ひるがえって誰しもが無罪ではいられぬ世に ...

ムカデ

給水塔に反射する夏の太陽 器用に生きる象 ...