新呼吸 歌詞

歌:Base Ball Bear

作詞:小出祐介

作曲:小出祐介

定点観測した僕の日常は ありふれたであふれた つまらないもの
にせものみたいな食事を済ませたら 見せかけの白いシャツを洗う
ただくり返すだけでさ すでに飽きてる
「ささやかな幸せこそ」それもわかってる

夜明けの住宅街 決まって出くわすよ 時間かけてみがいた 思い出の化け物
群青大通りをゆく 制服姿の自分 立ち止まって見送る 部屋着姿の自分
僕は僕にもなれずに 誰にもなれずに
どこにもいない気分を 吸って、吐いてる

あたらしい朝が来れば 僕は変われるかな
新品の現実に出会うために 起きてる
あたらしい窓開けたら 僕は変われるかな
蒼い街をながめて そっと深呼吸

効果音も無しに 昨日と今日が入れ替わる頃
おぼれる僕を想像してる
ゆきかう幾億もの孤独
その一滴だ 無関係な孤独に溶け込むばかりの日々だ
そしてまた はじまりつづけてく平熱な僕の毎日は 無意味に無駄に降りつもる
それでも僕は信じれるかなぁ
この一分が、この一秒が、明日への伏線になってくと
見上げる天井 見上げる、水色した心の天井
見上げる天井 見上げる、水色した心の天井
かなしさの家 にぎやかなポスター ずれた写真
それを、つめたい日射しが濡らしてくよ

決まらないまま 浮ついてさ ビニール袋みたいだ
いっそこのまま 僕を破いてみたいな

あたらしい朝が来れば 僕は変われるかな
そんなこと思いながら今日を 生きてる
あたらしい歌うたえば 僕は変われるかな
蒼い風を吸い込み そっと深呼吸

あたらしい朝が来れば 僕は変われるかな
新品の現実に出会うために 生きてく
あたらしい窓開けたら 僕は変われるかな
蒼い街をながめて そっと深呼吸

あたらしい朝が来れば
僕は変われるのかなぁ

あたらしい窓開けてさ
蒼い街をながめて そっと吸い込む

僕の
深呼吸

ラララ…

Base Ball Bearについて

2002年に結成。東芝EMIに送ったデモテープがナンバーガールなどのスタッフだった加茂啓太郎の耳に止まる。これにより、東芝EMIのアーティスト発掘プロジェクト「GREAT HUNTING」に発掘されたこととなる。その後、プロデューサー加茂に「バンド名はPLANETではダメだ。」と言われ、小出はショコラの「BASE BALLとエルビスプレスリー」という曲から取り、BASE BALLというバンド名がいいとメンバーに言うが却下され、湯浅にBASE BALLにもう1つ単語をつけてくれと言ったところ「BEAR」という単語が挙がり、「Base Ball Bear」となる。 《メンバー》 ・小出祐介(こいでゆうすけ、1984年12月9日-)  東京都出身。  ギター・ボーカル・作詞作曲担当。  愛称「こいちゃん」「小出ビッチ」。 ・関根史織(せきねしおり、1985年12月8日-)  埼玉県出身。  ベース・コーラス担当。  愛称「史織ちゃん」「セキネ嬢」など。 ・湯浅将平(ゆあさしょうへい、1984年4月16日-)  千葉県出身。ギター・ダンス担当。 ・堀之内大介(ほりのうちだいすけ、1985年1月17日-)  東京都出身。  愛称「堀之肉」「ホリ」等。  ドラム・コーラス担当。
新呼吸 のCD・楽譜
Base Ball Bearの人気歌詞
ドラマチック

ゆずれないもの見つけても 気付いたら目 ...

changes

何かが変わる気がした 何も変わらぬ朝に ...

17才

17才It's a seventeen ...

Cross Words

やっと会えた週末 近況の報告 それだけで ...

ポラリス

志ん朝の三枚起請を聴きながら 切れた三弦 ...

そんなに好きじゃなかった

赤い糸 自力でたどって出会った 君は最 ...

初恋

寝息たてる住宅街を抜けて 君にすこし会 ...

君はノンフィクション

君の鼓動で僕が生きている そう信じてた夏 ...

ファンファーレがきこえる

いつものように目の前に線を引いてみりゃ大 ...

EIGHT BEAT詩

Back to the 2001年 午後 ...

short hair

心の天井 のぼってった風船がわれた 赤 ...

不思議な夜

終電逃し 明日休みだし ちょっと散歩して ...

魔王

願うだけじゃ叶わないってこと そんなの知 ...

Funny Bunny

王様の声に逆らって ばれちゃった夜 キ ...

風来

音の鳴る方へ すかさず 手を伸ばし止める ...

BREEEEZE GIRL

風に乗りたくて 見上げてる俺を 連れてっ ...

いまは僕の目を見て

言葉は穴のあいた 軽い砂袋さ 君まで届 ...

恋する感覚-feat.花澤香菜-

みどり色の風が流れて 君の前髪を ゆらし ...

すべては君のせいで

ある日突然 幽霊にされた 僕を置き去り ...

Stairway Generation

“白黒で終わるより 赤白で閉じたいのよ” ...