花の鎌倉 歌詞

歌:水森かおり

作詞:紙中礼子

作曲:花岡優平

紫陽花ごしに 海が見える
長い石段 のぼれば
いつかあなたと 訪ねた寺
ひとり来ました 夕暮れ
しあわせに なれなくても
あなたのそばにいたかった
離れていても 心の 灯(あか)りになりたい
花の鎌倉に 女がひとり

江ノ電沿いの 小さな店で
あの日選んだ 手鏡
磨きこまれた 夢の時間
そっと 閉じ込め 生きる
さよならを 受けとめても
消せない愛が つのります
忘れるなんてできない 最後の恋なの
愛の鎌倉に 女がひとり

しあわせに なれなくても
あなたのそばにいたかった
離れていても 心の 灯(あか)りになりたい
花の鎌倉に 女がひとり
水森かおりの人気歌詞
東尋坊(とうじんぼう)

別れ旅する 女の胸を 見抜いて泣くのか ...

ふたり雨

ひとつの蛇の目に 寄り添えば 濡れた肩 ...

鳥取砂丘

潮の匂いに 包まれながら 砂に埋れて ...

越後水原

生まれて初めて 絆を契り 命を預けた ...

島根恋旅

愛するだけでは 結ばれなくて ふたりの ...

尾道水道

愛しさ憎さが ぶつかりあって おんなの ...

上州恋風

赤城山から 吹く風に 涙を散らす 日暮 ...

北陸ひとり旅

北へ行こうか それとも西か どちら ...

若狭の海

伊根の港の 舟屋には 家の中にも 海が ...

うみどり

ヒュルヒュルとヒュルヒュルと 潮風が ...

嵯峨野巡礼

愛し合っても 実らぬ恋の せめて最後の ...