明かり 歌詞

歌:諫山実生

作詞:諫山実生

作曲:諫山実生

引き返そう この先にはもう
待っていてくれる港はない
小さな舟は 大きな海を当てもなく泳ぐ

灯台の明かりが見える
手の届かないほど遠いよ
今の僕には 今の僕には

大波小波 揺られて揺れて
月が満ちるころ この海原で
誰の目にも留まらぬまま眠るように
泡になってしまうのかな

灯台の明かりが照らす
頼りない舟の行く先を
前へ進めと 前へ進めと

大波小波 いっかいつの日か
日が昇るころ この海原で
嵐に負けない大きな船になったら
見つけ出してもらいたいな

君に。
諫山実生の人気歌詞
あやとり

黄昏の街 君を見かけた あの日とまるで ...

エレジー

貴方からもらった時計が 貴方の居ない時 ...

Over

五月晴れの静かな朝 君はひとりで旅立つ ...

手紙

遠く遠く 離れていても 君が泣いた時は ...

優しい風の吹く街へ

優しい風の吹く街へ 君を連れて行こう ...

誰も知らない

砂色に溶ける街 翼を忘れた鳩の群れ ...

心春めいて…

風は春めいて 陽射し煌めいて はじまりの ...