Angel 歌詞

歌:諫山実生

作詞:諫山実生

作曲:諫山実生

もしも、私が先に天使になったら…ごめんね。
そんな話はするなよとあなたは怒るけど、
最期の日は神様にしか決められないから、

今を この世界を、胸に焼きつけて生きてる。
それでも私は、泣くのでしょう。
もっとその顔を見ていたかったと。

何より心残りは、あなたを独りにしてしまう事。
だから、その日がいつ来てもいいように、
たくさん私の欠片 残して置こうと決めたんだ。

毎年見に行った川沿いの桜
クリスマスの夜に買ったペアリング
一緒に食べたバースデーケーキの味
二人初めて重ねた唇の温度
これまでの事もこれからの事も、全部愛しいよ。

今日から日記をつけよう。詩もいっぱい残そう。
あなたが私を思い出にする日まで、
ちゃんと見守ってあげられるように。

今を ただあなたを、胸に焼きつけて生きてる。
いつか必ず訪れる最後の日。
「ありがとう。」って別れられるように。
その朝も、あなたと居られますように。
諫山実生の人気歌詞
あやとり

黄昏の街 君を見かけた あの日とまるで ...

エレジー

貴方からもらった時計が 貴方の居ない時 ...

Over

五月晴れの静かな朝 君はひとりで旅立つ ...

手紙

遠く遠く 離れていても 君が泣いた時は ...

優しい風の吹く街へ

優しい風の吹く街へ 君を連れて行こう ...

誰も知らない

砂色に溶ける街 翼を忘れた鳩の群れ ...

心春めいて…

風は春めいて 陽射し煌めいて はじまりの ...