故郷の山が見える 歌詞

歌:走裕介

作詞:木下龍太郎

作曲:船村徹

いちど東京へ 行くと言いながら
いつも口だけで ひとり野良仕事
老けたおふくろの やせたあの肩を
さすってあげたい
峠 越えれば 俺のふるさと
山が見えてくる

ふるさとの山に向いて 言うことなし
ふるさとの山は ありがたきかな(啄木詩集より)

けんかしたけれど 何故か気があって
どこへ行くんだと 泣いてくれたやつ
月の縁側で 馬鹿を言いながら
ふたりで呑みたい
幼なじみと 共に遊んだ
山が見えてくる

村を出るときは ひとり踏切りで
汽車が消えるまで 背伸びしていた娘
町へ嫁に行き 母となったいま
しあわせだろうか
恋を失くした 遠いあの日の
山が見えてくる

走裕介について

北海道網走市出身の演歌歌手。 本名は眞野 裕之(まの ひろゆき)。
走裕介の人気歌詞
風来ながれ唄

夢を探す旅に出て ずいぶん遠く 来たも ...

流氷列車

雪が雪がななめに 降りしきる もいちど ...

知床挽歌

ことしの冬は 蝦夷(えぞ)ふくろうが ...

北のひとり星

北の夜風は 粉雪まじり お前と暮らした ...

昭和縄のれん

ひなびた路地の 縄のれん 焼鳥は世間の ...

流氷の駅

はるかなる 知床の峯よ 果てもしらぬ  ...

春待ち草

あれからどうして いたのかと 聞けばお ...

その人は昔

その人は昔 海の底の 真珠だった そ ...

のぞみ(希望)

ここから出たら 母に会いたい おんなじ ...

なみだの宿

想い出の 想い出の 湯の街あかり 女 ...

母のいない故郷

母のいない故郷は風の村 無人駅に降りり ...

北国街道・日本海

人を愛した かなしみは 海にこぼせば  ...

兄弟船

波の谷間に 命の花が ふたつ並んで 咲 ...

唇は赤き砂漠

唇 窄(すぼ)めて あなたの 名を呼ぶ ...

星屑の恋

ネオン明かりが きらめく街は よけいひ ...

純愛

あの湖の… 風とさざ波 小鳥のこえを ...

恋路の果て

網走ゆきの 汽笛がむせぶ 釧網(せんも ...

男の駅

線路はなくても 心の中に 故郷(こきょ ...

私の夏は来ぬ

暮れそで暮れない 夕暮れに じらされな ...

宗谷岬

流氷とけて 春風吹いて ハマナス咲いて ...