痴情 歌詞

歌:the GazettE

作詞:流鬼.

作曲:the GazettE

蛇は花を舐め安息捩じ込む
吐息の数も忘れないでね?

逸らさぬその目 狂気這わせて笑う
愛するが故 只 其れだけの事

I want to monopolize you
Lump of the envy
I want to monopolize you
Forever unchanging
何度 肌重ねても貴男が滲む所為
この痴情は深く もう戻れぬ

締め上げた手が吐息で濡れてる
僅かに感じた脈を数え忘れ

髪を撫でるような錆びた香りが
優越感と縺れる

何度 肌重ねても貴男が滲む所為
深紅散らし 狂わせて

痴情の果てに書いた「二人」は
そう…孤独じゃないと笑いかけてるようで

心躍る
the GazettEの人気歌詞
Cassis

ずっと繰り返してた ずっと悲しませてば ...

貴女ノ為ノ此ノ命。

「春風香る四月に謌う純恋歌...。」 ...

紅蓮

ごめんね あと少し アナタの名前と眠らせ ...

[DIS]

「宣戦」暗い世に打ち込んだ PEACE ...

VORTEX

二度と消せないくらいに傷を深めてくMal ...

7月8日

君と別れて二年が経つね なんだか昨日の ...

別れ道

大好きだったのにお別れです ケンカばか ...

舐~zetsu~

雨降りの火曜日、湿気が醜く心地良い 荒 ...

Last bouquet

ねぇ またそうやって 僕の顔色伺って ...

INSIDE BEAST

[Give me your beast ...

Hyena

Ugly acting and song ...

SHIVER

たとえ…終わる事の無い悲しみがあなた奪っ ...

CALM ENVY

降りしきる雨の音に 沈みそうな その約 ...

Fu 置き手紙に記した Fu ごめん ...

Red

あなたを深く知る程に あなたがわからな ...

未成年

がむしゃらに 何かを探してた 躓いて ...

幸せな日々

傷付け合うつもりはなかったでしょ? だ ...

WITHOUT A TRACE

脆弱な意識は剥がれ ゆっくりと足音を立て ...

PLEDGE

傷付けた後でしか 気付けなかった事 過 ...

春雪の頃

the day of blue grad ...