赤い水底 歌詞

歌:手嶌葵

作詞:宮崎吾朗

作曲:武部聡志

あぁ 強い花の香り
深い記憶を呼び覚ます
忘れかけた 遠い面影が手の中に
あふれ出すように 不意に

あぁ 大きな父の手に
あの日しがみついて泣いた
泣くんじゃない すぐに帰るから
そう笑った姿が最後になった

あぁ 遠い海の水底に
つめたく眠る戦船(いくさぶね)
あぁ 愛する父の命を
戦が奪い去った

あぁ 甘い花の香り
記憶の底に落ちていく
たどりついた 暗く暖かい場所
燃える赤い花が咲き乱れる
手嶌葵の人気歌詞
明日への手紙

元気でいますか。 大事な人はできました ...

テルーの唄

夕闇迫る雲の上 いつも一羽で飛んでいる ...

さよならの夏~コクリコ坂から~

光る海に かすむ船は さよならの汽笛 ...

Over The Rainbow

Some where Over Th ...

いまを生きて

いま私がいる場所は 誰かが望んだ未来 ...

朝ごはんの歌

お鍋はグラグラ お釜はシュウシュウ ま ...

What Is A Youth?

What is a youth ? ...

Beauty And The Beast

Tale as old as tim ...

Voyage a Paris~風に吹かれて~

低い靴を鳴らして 踊るように歩けば 可 ...

時の歌

空の 孤独な鷹よ 風に 杭(あらが)い ...

紺色のうねりが

紺色のうねりが のみつくす日が来ても ...

恋するしっぽ。

あなたは ねていると おもって いるで ...

1000の国を旅した少年

くたびれた 馬車に揺られ 少年と 話を ...

Angel

Spend all your time ...

ちょっとしたもの

泣きつかれて 明けた朝に 必要なのは ...

初恋の頃

あなたの影を 踏んで歩いた 夕陽 空に ...

Secret Kingdom

There's a secret kin ...

恋唄

潮の香り 風に乗り 天を仰ぎ 花散らす ...

朝日をあびた 丘の上の 木立にうもれた ...

NOMAD

流れる車窓から 遠く街の灯が揺れる 名 ...