夜のプール 歌詞

歌:南佳孝

作詞:高柳恋

作曲:南佳孝

星屑を散りばめた 夜のプール
両手で掬うきみは
はにかみながらぼくを 名字で呼ぶ
胸の開いたドレスで

長い間 愛ばかり 大切にしすぎてた
いつからか恋のしかたを 忘れて

夜露を浴びたせいさ 欲しいものを
言えない子供になり
手摺りにもたれたまま 昔話
その指にも触れずに

長い間 隠してた 想いならそのままに
吐息が聞こえる近さが せつない

月の雫に光る 街の灯り
こんなに綺麗なのに
零れそうな言葉を 胸にしまい
南風を見ていた

長い間 見つめ合い 微笑んで近づいて
抱きしめるだけを恋とは 呼べない
南佳孝の人気歌詞
モンロー・ウォーク

つま先立てて海へ モンロー・ウォークして ...

プールサイド

きれいだよその水着 濡れると色が変わる ...

ビート

やけに哀しい瞳で 俺を見るのはよしなよ ...

PEACE

やわらかなシャドウ 瞳閉じれば あ ...

柔らかな午後

ライムとシャンプー忘れたから 国道 ...

夜の翼

空港ビルの金網から 翼の灯そっと追 ...

曠野へ

悪いけれど 君の手紙は読んで暖炉に ...