火焔樹 歌詞

歌:ジェロ

作詞:及川眠子

作曲:国安修二

また夜がきて ただ眠れぬまま
指がぬくもりの残骸(かけら)
ねぇ探しはじめるの
もう忘れたい そう願うけれど
いつもあきらめた頃に
ドアを開けるから

悲しいだけの運命(さだめ)を呪い
あなた うばう夢に酔う
この胸の奥 愛という名の
花が燃えながら咲いてる

いま痛いほど 抱きしめてほしい
どうか 何もかも捨てる
覚悟ないのなら

寂しいだけの時間(とき)を数えて
わたし 憎む人がいる
焔(ほのお)のように 赤い花びら
闇を染めながら揺れてる

悲しいだけの運命を呪い
あなた うばう夢に酔う
この胸の奥 愛という名の
花が燃えながら咲いてる
ジェロの人気歌詞
海雪

凍える空から 海に降る雪は 波間にの ...

東西南北ひとり旅

あの娘いるとこ 南長崎 花とザボンの  ...

折鶴

誰が教えてくれたのか 忘れたけれど折鶴 ...

桜坂

この坂道が花吹雪になる前 君はこの街を ...

えいさ

すが漏りの浮き名の独り暮らし あなたの ...

やんちゃ道

泥んこで泣かされて帰って来ても 鼻水垂 ...

宗右衛門町ブルース

きっと来てねと 泣いていた かわいあの ...

Break My Heart

Here I sit In this ...