桜坂~featuring WISE 歌詞

歌:福山雅治

作詞:MASAHARU FUKUYAMA

作曲:MASAHARU FUKUYAMA

君よずっと幸せに
風にそっと歌うよ
愛は今も 愛のままで

揺れる木漏れ日 薫る桜坂
悲しみに似た 薄紅色

君がいた 恋をしていた
君じゃなきゃダメなのに
ひとつになれず

愛と知っていたのに
春はやってくるのに
夢は今も 夢のままで

頬にくちづけ 染まる桜坂
抱きしめたい気持ちでいっぱいだった

この街で ずっとふたりで
無邪気すぎた約束
涙に変わる

愛と知っていたのに
花はそっと咲くのに
君は今も 君のままで

逢えないけど
季節は変わるけど
愛しき人

君だけが わかってくれた
憧れを追いかけて
僕は生きるよ

愛と知っていたのに
春はやってくるのに
夢は今も 夢のままで

君よずっと幸せに
風にそっと歌うよ
愛は今も 愛のままで

二人すごしたのもこんな春の日
So many years have passed away
流れ行く季節の中で 今も残る君の思い出
届けたい想いが募るEveryday
I think about you
なぜ行かせてしまったんだろう?
I just don't know
後悔しても
You walked away slow
去っていった君の後ろ姿
消えるまで見つめつづけた

Holding on to your memory tight
And it's true that reality bites
まるで桜のような儚さ故
心に深く刻まれる絵
やさしい笑顔 君の面影
桜の季節に見る夢
again and again it makes me wanna say

That's right, when the flower blooms
I remember the days I spent with you
光浴びる桜 透き通る花びら 見上げ登る坂
これから先きっとまた ここを通ると思い出す
二人一緒 夢見てた明日
まぶしすぎて手をかざす
Cause I never felt like that
心に穴があいた 埋めるため手探り
でもまた気付くとここにいた
時がくれば散りゆく定めと知ってるからより愛しくて
桜舞散るこの坂で 今君の記憶とお別れ
I'll be dreaming about you again and again

It was a beautiful day
when you passed away
I'll be dreaming about you
each and everyday
a beautiful scene
deep down my memory
the smile you gave me
my only remedy

福山雅治について

90年に「追憶の雨の中」でデビュー。ドラマ『ひとつ屋根の下』で全国的な認知度を得る。シングル「HELLO」が200万枚を越す大ヒットを記録。TBS系主演ドラマ『めぐり逢い』の主題歌「Heart」はオリコン初登場3位 。またTBS系の『ウンナンのホントコ!』内の人気コーナー『未来日記V』の主題歌として2000年4月にリリースされた「桜坂」はオリコンチャート1位を獲得。
福山雅治の人気歌詞
家族になろうよ

「100年経っても好きでいてね」 みん ...

桜坂

※君よずっと幸せに 風にそっと歌うよ ...

最愛

夢のような人だから 夢のように消えるの ...

Squall

さっきまでの 通り雨が ウソみたいにキ ...

ありがとう この街で 僕のこと 見つけて ...

Good night

君を大切に思えば思うほど してあげたい ...

道標

わたしは その手が好きです ただ毎日を ...

誕生日には真白な百合を

あなたがくれたこの名前は いくつの願い ...

生きてる生きてく

不思議なものだ 子供のころは大人になん ...

化身

諸行無常っていうじゃない 変わらぬもの ...

milk tea

「ごめんね」 どうして素直に言えないん ...

HELLO

そんなはずないさ それはわかってる 2 ...

昭和やったね

207号線に春が 今年もやってきた ...

IT'S ONLY LOVE

恋人にはもどらない 僕は僕のものになって ...

零 -ZERO-

真実はいつもひとつ でも正義は そう ...

明日の☆SHOW

だって心はもうわかってる 自分らしくっ ...

心color~a song for the wonderful year~

誰かを打ち負かすことでしか 幸せになれ ...

Beautiful life

「許しかた」も知らないまま 人を憎んで ...

波風ひとつ立たない人生なんてない 時に ...

何度でも花が咲くように私を生きよう

一年が過ぎるのが やけに早く感じて 「 ...