7月26日未明 歌詞

歌:吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

たとえそれが叶わない夢でも
自分を殺してまで生き続けるよりは
道ばたの小石になろうとも
今動かないよりはまだましなのさ

目まぐるしい時の流れなど
横目でにらみつければいい
変わらない心がある限り
人のそしりは通り雨のよう

幸福の大きさなど計れないもの
不幸の深さは闇の奥まで続く
いずれに身をゆだねていたところで
明日が形を変えるわけじゃない

越えなければならないものがある
語らずに行かねばならない時がある
コップ一杯の水を一息に飲み干して
朝のうちに外の雨を感じよう

言葉に酔いすぎた人々は
満足という定期便を待つばかり
心は貧しくなっているけれど
現実には充たされた気分

踏切を通過する満員電車
あらゆるため息をつめ込んでいる
どこの駅で誰が降りようとも
ベルにせかされ電車は走り出す

生きていくのがそれこそわずらわしい時がある
恥をさらすには それだけ利口になり過ぎて
だけど船はまだ港の中
乗り遅れそうなのは誰
間に合うさ 間に合うさ
遅すぎる事は無い

人を愛したり 人を拒んだり
何かを奪ったり 束縛されたり
人生のメニューはいつも多すぎて
一つだけを選べないでいる

つけっぱなしたままのブラウン管からは
欺瞞に満ちた笑顔とやさしさが
現実を伝えるニュースの合間に
土足のまま入り込んで来る

人は生まれた時すでに旅をしている
頭の中にそれぞれの地図を広げ
誰かとの出会いで立ち止っても
旅人を引き止める鎖は無い

すべてが終わってしまったわけじゃない
今何かを始めればそれでいい
荷物をまとめようとしなくても
その中の1つだけ携えていこう

生きていくのがそれこそわずらわしい時がある
恥をさらすには それだけ利口になり過ぎて
だけど船はまだ港の中
乗り遅れそうなのは誰
間に合うさ 間に合うさ
遅すぎる事は無い
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
美しい名前

歌:THE BACK HORN

泣きたい時ほど涙は出なくて 唇噛んでる真 ...

ラヴ・ラプソディー

歌:平原綾香

愛してる あなたを つないだ手は あた ...

モンロー

歌:阿部真央

甘美な魅力 キュートな響き (その名はモ ...

付き合ってるのに片思い

歌:Berryz工房

Wow Wow Yeah Yeah Ye ...

あなたがいてくれたから

歌:AKB48

あの日の歌が流れ 時計が巻き戻されて ...

30

歌:Ms.OOJA

「僕らはやり直せるだから今は距離を置こう ...

月の傷

歌:熊木杏里

平気な顔で人を傷つけている 思いこみで ...

ハイウェイ

歌:くるり

僕が旅に出る理由はだいたい百個くらいあっ ...

言葉にできない

歌:小田和正

終わる筈のない愛が途絶えた いのち尽きて ...

ROCK AND ROLL HERO

歌:桑田佳祐

米国(アメリカ)は僕のHero 我が日 ...

ハリケーン・リリ,ボストン・マリ

歌:AAA

そろそろ一人前になる炊きは妙にはりきって ...

吉田拓郎の人気歌詞
夏休み

麦わら帽子は もう消えた たんぼの蛙は ...

人間なんて

人間なんてラララ ラララララ 人間なん ...

海を泳ぐ男

あんまり夜が滲みるから 闇にまぎれてハ ...

外は白い雪の夜

大事な話が君にあるんだ 本など読まずに ...

結婚しようよ

僕の髪が肩までのびて 君と同じになった ...

イメージの詩

これこそはと 信じれるものが この世に ...

ガンバラないけどいいでしょう

今日はいったい何が どうしちゃったんだろ ...

全部だきしめて

きみのすべてをぼくの自由にしたくて ず ...

旅の宿

浴衣のきみは尾花の簪 熱燗徳利の首つま ...

流星

たとえば僕が まちがっていても 正直だ ...

人生を語らず

朝日が 昇るから 起きるんじゃなくて ...

リンゴ

ひとつのリンゴを 君がふたつに切る ぼ ...

ペニーレーンでバーボン

時がたってしまうことを 忘れてしまいた ...

風の街

道のむこうで 手を振った 大きな声で  ...

こうき心

街を出てみよう 今住んでるこの街が 美 ...

お伽草子

雨もふりあきて 風もやんだようだね つ ...

襟裳岬

北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やし ...

高円寺

君を好きだなんて言ったりすると 笑われ ...

春だったね

僕を忘れた頃に 君を忘れられない そ ...

今度はいったい何回目の引越しになるんだろう

熱すぎる季節が 魚藍坂をかけ抜けた ジ ...