小犬のプルー 歌詞

歌:石川ひとみ

作詞:林權三郎

作曲:柳沢剛

ひとりぼっちのボクが
プルーと逢ったのは
夏も終わりの北国(きた)の街
ボクをみるなり駆けてきて
優しい眼をしてついてきた

ひとりぼっちのボクと
プルーがねむるころ
おまえの体に吹きつける
冷たい風が気がかりで
眠れぬ夜もあったのさ

ひとりぼっちのボクと
プルーが別れたのは
哀しい眼をした秋の午後
だれかにお前を頼めたら
今また逢いにゆけたのに

栗毛色した小犬のプルー
ゆくえの知れないボクのプルー
石川ひとみの人気歌詞
まちぶせ

夕暮れの街角 のぞいた喫茶店 微笑み見 ...

プリンプリン物語

ワン ツー ワン ツー スリー フォー ...

愛すれば 愛されるなんて みんなは言う ...

くるみ割り人形

瑠璃色風吹く アスファルト 跳びはねる ...

ひとりじめ

もっと見つめて あなたの瞳で もっと愛 ...

だいすき!ラスカル

どんぐるらりんとうたえば ココロもかるが ...

三枚の写真

16の頃 あなたは18 夏のまぶしさに ...

元気あげるね ~TV・アニメ「不思議少女ナイルなトトメス」~

人の消えたクラスルームへ ひとり忍び込ん ...

シェリーに口づけ

To To To マシェリー マイ シェ ...

夢番地一丁目

夢番地という名前の お店があったけど ...

ハート通信

舞い散る落葉が 街をつつむと あなたの ...

オリーブの栞

くちづけを交わしたあとで 急に無口にな ...

ちいさい秋みつけた

誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつ ...