さくら 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

その時の僕らはといえば ビルの屋上で空を眺めているばかり
バイトを抜け出し 汗と埃にまみれた 取り留めのない夢物語
互いに抱えてるはずの ちゃちな不安は 決して口には出さない約束
中央線が高架橋の上で おもちゃみたいに カタカタ なった

なぁ 結局僕らは正しかったのかな? あんなに意地になって
間違ってなんかいないって やれば出来るって
唇噛み締めて夜に這いつくばって
その闇の中で言葉にならない嗚咽のような叫びは
千川通りで轢かれていた カラスの遺体みたい 痛い 痛い

ふざけんな ここで終わりになんかすんな 僕等の旅を「青春」なんて 名づけて過去にすんな
遠ざかる足音に取り残された 悔し涙は絶対忘れないよ
踏みつけられたフライヤー拾い集める 代々木公園も気付けば春だった
苦笑いの僕等 舞い落ちる



日当たりが悪くなるから 窓の外にある大きな木が嫌いだった
春になって 花をつけるまで 僕はその木が 嫌いだったんだ
今になってはどうでもいい話だけれど なんかちょっとだけ後悔してるんだ
ほんとにどうでもいい話だったかな ごめんな

駅前のロータリー 夕焼けが悲しい訳を ずっと 考えていたんだ
終わるのが悲しいか それとも始まるのが悲しいか 街灯がそろそろと灯りだした
つまりは 終わりも始まりも同じなんだ だったらこの涙に用はない さっさと 失せろ
胸がいてーよ いてーよ

一人の部屋に 春一番の迷子 二人で選んだカーテンが揺れてます
どうせなら 荷物と一緒に この虚しさも運び出してくれりゃ良かったのに
何もなかったように僕は努める 最後に君が干してった洗濯物
なんでもなく 張り付いた



過ぎ去った人と 新しく出会う人 終わりと始まりで物語りは進む
だとしたら それに伴った悲しみさえ 生きていく上でのルールだから
投げ捨ててきた涙拾い集めて 今年も気付けば春だった
僕は 歌う 歌う 歌う

さくら さくら 今でも さくら さく 消えない
さくら さくら 僕等の さくら さく 物語

amazarashiについて

ロックバンド 《メンバー》 ・秋田ひろむ  ボーカル&ギター担当。 ・豊川真奈美  キーボード担当。
さくら のCD・楽譜
あまざらし 千分の一夜物語 スターライト [DVD]
【収録曲】・モノローグ1 『情熱、希望なんでもいいけど、僕らはここに居ちゃだめだ』 (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)・光、再考 (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)ムカデ (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)空っぽの空に潰される (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)・モノローグ2 『僕らは一人では駄目だ』 (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)・隅田川 (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)さくら (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)ドブネズミ (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)・モノローグ3 『夜の向こうに答えはあるのか』 (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)・つじつま合わせに生まれた僕等 (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)古いSF映画 (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)カルマ (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)・モノローグ4 『故郷のヒメリンゴ啄んだ鳥になるか』 (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)・ひろ (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)夏を待っていました (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)美しき思い出 (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)・モノローグ5 『いつか全てが上手く行くなら、涙は通り過ぎる駅だ』 (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)・スターライト (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)スターライト (Music Video)もう一度 (Music Video)穴を掘っている (Music Video)季節は次々死んでいく (Music Video)

amazarashiの人気歌詞
季節は次々死んでいく

季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる ...

帰ってこいよ

稲穂が揺れる田舎の風は 置いてきぼりの季 ...

とどめを刺して

失望したって君が言う時 君は失望の彼女み ...

月曜日

体育倉庫のカビたウレタンの匂い コートラ ...

マスクチルドレン

この世界は少し煩すぎるから カーテンを全 ...

独白

私が私を語るほどに 私から遠く離れてしま ...

アルカホール

宵の淵に腰掛け物思い 街は馴れ馴れしかっ ...

僕が死のうと思ったのは

僕が死のうと思ったのは ウミネコが桟橋で ...

そういう人になりたいぜ

僕はあんまり出来た人間ではないから 君 ...

さよならごっこ

憂鬱が風に散らばり 吹きだまって影になる ...

隅田川

面映い思い出一つ 紐解く手が震えています ...

抒情死

アイデンティティが東京湾に浮かんでいる ...

未来になれなかったあの夜に

「色々あったな」の 色々の一つ一つを ...

空洞空洞

耳を塞いだって ざわめきは聞こえてくる  ...

夕立旅立ち

いい事なんかなかった街でも 別れる時に ...

もう一度

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

スターライト

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

夏を待っていました

君はまだ覚えてるかな 幼い頃の暑い六月 ...

リビングデッド

ひるがえって誰しもが無罪ではいられぬ世に ...

つじつま合わせに生まれた僕等

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...