泣き鏡 歌詞

歌:藤あや子

作詞:松本一起

作曲:久地万里子

哀しい日は哀しくなれ
そう自分に言い聴かせる
たった一つだけの心
もがいたって広がらない
茜色の空はいつか
時間(とき)の中に沈んでいた
こんな夜は好きな人と
逢うことさえ重たくなる
ぐっとこらえていても
見上げられず
ほどいてあげたい
どうしても どうしても
泣きたくなったときには
母よ
あなたの残した手鏡に泣いています

まだ生きてた頃のある日
細い廊下酔って歩く
変な顔とうれしそうに
のぞいていたこの手鏡
父 それともかくすように
一人だけで忍ばせてた
あなただけの男(ひと)だったの
庭の遠くに気にかけてた
ぐっと強がるくせは
受け継いでる
あなたを真似して
いまもなを いまもなを
泣きたくなったときには
母よ
あなたの残した手鏡に泣いています

どうしても どうしても
泣きたくなったときには
母よ
あなたの残した手鏡に泣いています
藤あや子の人気歌詞
こころ酒

泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆ ...

恋しそうろう

髪結いに せっかく行って来たのにさ 目 ...

雪 深深

誰かが生きようと 言ってもだめです あ ...

あや子のお国自慢だよ

ハァー 秋田おばこの自慢なら 聞いて損 ...

華の宴

春は桜に 夏菖蒲 秋に紅葉に 冬の梅 ...

ふたりの絆

夢じゃないのね このままずっと あなた ...

雪荒野

卍(まんじ)ともえに 降る雪が 身八口 ...

勿忘草

幸せやれずごめんと 寂しく微笑って そ ...

からたちの小径

なつかしいうたを 誰かがうたってる 遠 ...