桜雨~さくらあめ~ 歌詞

歌:瀬川瑛子

作詞:仁井谷俊也

作曲:徳久広司

ひとひらふたひら 舞い降る桜花(はな)を
そっと両手で 受けとめる
ひとときの 倖せと
わかっていながら 一途に燃えた
夢がはらはら はらはら散るような…
桜雨

ため息つくたび なみだが落ちる
だから弥生の 空をみる
結ばれぬ 恋だから
忍んで逢うたび こんなに痩せた
愛がしくしく しくしく泣くような…
桜雨

あなたを追いかけ 背中に止まる
花片(はな)は女(わたし)の 化身です
いつの日か 逢えたなら
死ぬまでひとりに しないで欲しい
涙ほろほろ ほろほろ舞うような…
桜雨
瀬川瑛子の人気歌詞
命くれない

生まれる前から 結ばれていた そんな気 ...

春の海

鍋と茶碗を 揃えただけで それを所帯と ...

雨降りやまず

あんた、疲れましたか 人生は 難儀です ...

涙色

涙の色は… 甘く切ない 恋の色 オリ ...

わすれ宿

これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは ...

長崎の夜はむらさき

雨にしめった 賛美歌の うたが流れる ...

月夜舟

神さまが 逢わせてくれた この人と 我 ...

しあわせ暦

この胸の 根雪も溶けて こころにやさし ...

母さんの手

おまえはほんとに いい子だと 頭をなで ...

憂き世川

昨日や今日の 夫婦じゃないわ どこの誰 ...