嵯峨野路ひとり 歌詞

歌:瀬川瑛子

作詞:仁井谷俊也

作曲:徳久広司

つれて逃げてと 言葉にだせず
涙かくして 身をひいた
京都 嵯峨野路 おんながひとり
死ぬほどつらい この思慕(おもい)
どうかわかって 祇王(ぎおう)さま

愛しあっても 添えない恋は
いつも女が 泣く運命(さだめ)
京都 嵯峨野路 苔むす庵
想い出草を 捲るたび
胸に未練が 溢れます

竹の葉擦(はず)れを 背中で聞けば
今もあなたの 声になる
京都 嵯峨野路 おんながひとり
別れの手紙 笹舟に
乗せて流した 桂川
瀬川瑛子の人気歌詞
命くれない

生まれる前から 結ばれていた そんな気 ...

春の海

鍋と茶碗を 揃えただけで それを所帯と ...

雨降りやまず

あんた、疲れましたか 人生は 難儀です ...

涙色

涙の色は… 甘く切ない 恋の色 オリ ...

わすれ宿

これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは ...

長崎の夜はむらさき

雨にしめった 賛美歌の うたが流れる ...

月夜舟

神さまが 逢わせてくれた この人と 我 ...

しあわせ暦

この胸の 根雪も溶けて こころにやさし ...

母さんの手

おまえはほんとに いい子だと 頭をなで ...

憂き世川

昨日や今日の 夫婦じゃないわ どこの誰 ...