唐獅子牡丹 歌詞

歌:美空ひばり

作詞:矢野亮, 水城一狼

作曲:水城一狼

義理と人情を 秤にかけりゃ
義理が重たい 男の世界
幼なじみの 観音様にゃ
俺の心は お見通し
背中で吠えてる 唐獅子牡丹

親の意見を 承知ですねて
曲りくねった 六区の風よ
つもり重ねた 不孝のかずを
何と詫びよか おふくろに
背中で泣いてる 唐獅子牡丹

おぼろ月でも 隅田の水に
昔ながらの 濁らぬ光り
やがて夜明けの 来るそれまでは
意地でささえる 夢ひとつ
背中で呼んでる 唐獅子牡丹
美空ひばりの人気歌詞
川の流れのように

知らず知らず 歩いて来た 細く長いこの ...

みだれ髪

髪のみだれに 手をやれば 紅い蹴出しが ...

真赤な太陽

まっかに燃えた 太陽だから 真夏の海は ...

愛燦燦

雨 潸々と この身に落ちて わずかばか ...

人生一路

一度決めたら 二度とは変えぬ これが自 ...

勝つと思うな 思えば負けよ 負けてもと ...

津軽のふるさと

りんごのふるさとは 北国の果て うら ...

お祭りマンボ

私のとなりのおじさんは 神田の生まれで ...

花笠道中

これこれ 石の地蔵さん 西へ行くのは  ...

あの丘越えて

山の牧場の夕暮に 雁が飛んでる ただ一 ...

車屋さん

ちょいとお待ちよ 車屋さん お前見込ん ...

芸道一代

いのち一筋芸一筋で 勝つか負けるか や ...

終りなき旅

めざめたら私は 横になっていた 歩きつ ...

おまえに惚れた

俺にきめろよ まよわずに 言って振り向 ...

リンゴ追分

リンゴの花びらが 風に散ったよな 月夜 ...

さくらの唄

何もかも僕は なくしたの 生きてること ...

悲しい酒

ひとり酒場で 飲む酒は 別れ涙の 味が ...

リンゴの唄

赤いリンゴに 口びるよせて だまってみ ...

東京キッド

歌も楽しや 東京キッド いきでおしゃれ ...

悲しき口笛

丘のホテルの 赤い灯も 胸のあかりも ...