石狩挽歌 歌詞

歌:香西かおり

作詞:なかにし礼

作曲:浜圭介

海猫が鳴くからニシンが来ると
赤い筒袖のやん衆がさわぐ
雪に埋もれた番屋の隅で
わたしゃ夜通し飯を炊く
あれからニシンはどこへ行ったやら
破れた網は問い刺し網か
今じゃ浜辺でオンボロロオンボロボロロー
沖を通るは笠戸丸
わたしゃ涙でにしん曇りの空を見る

燃えろ?火朝里の浜に
海は銀色ニシンの色よ
ソーラン節に頬そめながら
わたしゃ大漁の網を曳く
あれからニシンはどこへ行ったやら
オタモイ岬のニシン御殿も
今じゃさびれてオンボロロオンボロボロロー
かわらぬものは古代文字
わたしゃ涙で娘ざかりの夢を見る
香西かおりの人気歌詞
無言坂

あの窓も この窓も 灯がともり 暖かな ...

流恋草

流す涙は乾いても 淋しい心はかくせない ...

恋慕川

泣いてすがった この手をほどき あなた ...

恋みれん

「お前ひとりを 愛していたい」 酒が言 ...

浮雲

湯ぶねにからだを 沈めても 心は寒く ...

酒の河

いくら好きでも 渡れない 運命(さだめ ...

TOKIO千一夜

逢いたい逢えない いいえ逢いたい 溜め ...

やっかいもの

あいつの生まれは 深川あたり 隅田川行 ...

宇治川哀歌

遣り水さらさら蛍が飛び交う 闇を走って ...

新湊慕情

好きで添えない二人なら 何んで逢わせた ...

あなたへ

出会う事も恋におちる事も 思いもせずに ...

わすれ花

ひとりになった 淋しさは たとえば冬の ...

くちなし悲歌(エレジー)

忘れていた 夢を見たのよ あなたに ま ...

浮寝草

好きになるのは 悲しいことと 知った ...

酒のやど

おんなは翳(かげ)ある 横顔みせて 西 ...

雨酒場

おちょこにお酒 つぐたびに 涙が落ちる ...

東京ブルース

泣いた女がバカなのか だました男が悪い ...

かおりの夢は夜ひらく

右へ曲がれという道を 左へ曲がって ...

春陽炎

桜吹雪が舞う頃 ふたり出会った この町 ...

居酒屋「敦賀」

外は雨です 居酒屋「敦賀」 今夜はお茶 ...