森の石松 歌詞

歌:島津亜矢

作詞:宮沢守夫

作曲:村沢良介

山が富士なら 男は次郎長
あまた子分の いる中で
人のいいのが 取り柄だが
喧嘩早いが 玉に疵(きず)
森の…森の石松 いい男

「そこの若えの
海道一の親分は清水の次郎長だってねぇ
いい子分が居るって言うのかい
そうよ…一に大政 二に小政
三に大瀬の半五郎
四番増川の仙右衛門 五番法印大五郎
中でも一番強えのが
遠州森の石松だい…
うれしいねぇ…呑みねぇ 呑みねぇ
寿司喰いねぇ
江戸ッ子だってねぇ…」

やっと出ました 俺らの名前
清水一家の 暴れん坊
情がからめば ついほろり
うれし涙が こぼれます
男…男石松 泣き笑い

「酒を呑んだら虎になり
暴れ出したら止まらない
あゝ…馬鹿は死ななきゃ癒らねえ…」

腕は強いが おっちょこちょいで
酒と女と 喧嘩好き
讃岐金刀比羅 代参で
死出の旅とも 知らないで
森の森の石松 ひとり旅

島津亜矢の人気歌詞
梅川

(セリフ)逢うこと叶わぬひとに 逢いた ...

出世坂

千里を走る 虎よりも 一里を登る 牛に ...

一本刀土俵入り

男度胸の 人生を 土俵ひとすじ 生きて ...

おもいで宝箱

あの日の空を 覚えてる 見果てぬ夢の ...

北海峡

愛の渦潮 逆巻(さかま)く未練 海峡渡 ...

おさん

ひとり寝は… そっと茂兵衛に逢いたくて ...

いのちのバトン

何もかも 欲しがって生きるより つつが ...

温故知新

ながい道程(みちのり) 歯をくいしばり ...

お初

命追われて 力も尽きて 闇路に光る ふ ...

寿三杯船

一番船には 親が乗り 三番船には 孫が ...

兄弟仁義

親の血をひく 兄弟よりも かたいちぎり ...

父娘坂

山に山風 野原に野風 親の心に 別れ風 ...

帰らんちゃよか

そらぁときどきゃ 俺たちも 淋しか夜ば ...

お徳

「お徳、お前がいのちだ」と言って下さった ...

お梶 ~「藤十郎の恋」~

噛んだ 唇 したたり落ちる 血で書く名 ...

おつう

「日本に古くから伝わる民話 美しくも哀 ...

逢いたくていま

あなたを 想っている ずっと この心は ...

八重~会津の花一輪~

明日の夜は 何国(いずこ)の誰か ながむ ...

想い出よありがとう

想い出よ ありがとう やっと今 そう云 ...

一本釣り

日暮れ港に 花火があがり 祭ばやしが ...