木曽恋がらす 歌詞

歌:三橋美智也

作詞:東條寿三郎

作曲:林伊佐緒

大手振っては 帰れぬものと
きめていながら 草鞋(わらじ)をはいた
乙(おつ)な文句に ふり返りゃ
木曽のナー 仲乗りさん
木曽はよいとこ あの娘(こ)のすまい
笠(かさ)に紅葉(もみじ)の 花が散る

折って数えりゃ 一(ひ)ィ二(ふ)ゥ三年(みとせ)
山をきらって 旅人(たびにん)暮らし
さんざ姿も やつれたが
木曽のナー 仲乗りさん
木曽はよいとこ 夜毎の夢にゃ
いつも聞いたよ 祭り唄

裾(すそ)をはしょって 早瀬を渡りゃ
肌(はだ)にしみ込む 故郷の清さ
やっといまさら 知りました
木曽のナー 仲乗りさん
木曽はよいとこ 高峰(たかみね)ぞろい
渡り鳥さえ 宿をとる

三橋美智也の人気歌詞
古城

松風騒ぐ 丘の上 古城よ独り 何偲ぶ ...

達者でナ

わらにまみれてヨー 育てた栗毛 今日は ...

星屑の町

両手をまわして 帰ろう 揺れながら ...

いいもんだな故郷は

すっかり陽気が良くなりまして ハァ 俺 ...

夕焼けとんび

夕焼空が マッカッカ とんびがくるりと ...

リンゴ村から

おぼえているかい 故郷の村を たよりも ...

哀愁列車

惚れて 惚れて 惚れていながら 行くお ...

武田節

甲斐の山々 陽に映えて われ出陣に憂い ...

赤い夕陽の故郷

おーい 呼んでいる 呼んでいる ...

おんな船頭唄

嬉しがらせて 泣かせて消えた 憎いあの ...

あゝ新撰組

加茂の河原に 千鳥が騒ぐ またも血の雨 ...

快傑ハリマオ

まっかな太陽 燃えている 果てない南の ...

夕焼とんび

夕焼空が マッカッカ とんびがくるりと ...

ご機嫌さんよ達者かね

ご機嫌さんよ 達者かね 俺らも父さも ...

縁があったらまた逢おう

あばよさよなら 港の鴎 海が呼ぶから  ...

おさげと花と地蔵さんと

指をまるめて のぞいたら 黙ってみんな ...

おさらば東京

死ぬほどつらい恋に破れたこの心 泣き泣 ...

石狩川悲歌

君と歩いた 石狩の 流れの岸の 幾曲り ...

あゝ田原坂

雨は降る降る 人馬は進む かわい稚児ど ...

島の船唄

茜流して もう陽が沈む 胸の思いも つ ...