亘理の冬 歌詞

歌:水森かおり

作詞:伊藤薫

作曲:伊藤薫

白い浜辺をひとり歩けば
泣いてくれます亘理の砂が
蔵王おろしか舞う風花(かざはな)か
遠くかすんでにじみます

愛は突然にガラスの器のように
もろく傷ついてこわれて消えた
生きれば悲しみ増えるだけですか
わたしの明日はどこですか

髪も凍えるわたしの先に
光りまぶしい鳥の海

あの日あの人は心を変えてしまった
ふたり積み上げたすべてを捨てて
教えてほしいの阿武隈の川よ
別れの理由を今すぐに

いつか春が来て桜が空をそめても
ずつとこの胸はあなたを待つの
ヒュルヒュルヒュルルと風が吹こうとも
せつない涙はかわかない
もう二度と…
水森かおりの人気歌詞
東尋坊(とうじんぼう)

別れ旅する 女の胸を 見抜いて泣くのか ...

ふたり雨

ひとつの蛇の目に 寄り添えば 濡れた肩 ...

鳥取砂丘

潮の匂いに 包まれながら 砂に埋れて ...

越後水原

生まれて初めて 絆を契り 命を預けた ...

島根恋旅

愛するだけでは 結ばれなくて ふたりの ...

尾道水道

愛しさ憎さが ぶつかりあって おんなの ...

上州恋風

赤城山から 吹く風に 涙を散らす 日暮 ...

北陸ひとり旅

北へ行こうか それとも西か どちら ...

若狭の海

伊根の港の 舟屋には 家の中にも 海が ...

うみどり

ヒュルヒュルとヒュルヒュルと 潮風が ...

嵯峨野巡礼

愛し合っても 実らぬ恋の せめて最後の ...