0-15 歌詞

歌:さだまさし

作詞:さだまさし

作曲:さだまさし

えー、さて、えー、次のおハガキを読んでみたいと思います。
これは、えー、練馬区ですね。えー、新井秀次、ね。練馬から、
いらっしゃい。きたねえ字だなこりゃな。字かこりゃ。
僕は以前、えー、あ、さださんお願いがあります。僕は昔から
以前から、好きな女の子がいる、いたんです。ところが、最近、
えー、彼女は、えー、テニス部のキャプテンにすごく熱を上げてしまって、
なんか、自分は捨てられるんじゃないか。バカなことを言っている。

あなたの風が僕を離れて 彼に向って歩いている
彼をみつめて輝いている あなたの愛が眩しい
自分の枝に結んでおいた 風船が糸をほどいて
自由に空へ舞い上がるのを 見送る子供の様だ

男はやはり、勇気だ、根性だ、勝利だ。そういう歌をおおくり
いたしましょう。さらまわしとザ・スチャラカバンドの歌で聴い
ていただきます。“素敵な Tennis Boy”よーく、聴くように。

ポイントはわずかに0-15 1点リードを許しただけ
まだまだ勝負はこれから Tennis Boy
フォームはどうでもいいんだ 来た球を素直に返せ
同じエラー繰り返すなよ Tennis Boy
コントロールを磨いて 集中力さえつけば
あとはかけひき そして最后は自信で
流れも変わる
ポイントはわずかに0-15 まだまださ これからさ
逆点チャンスは 必ずやってくる

もしもし、あー、さだまさしです。あ、どうも。
なに、今ハガキを実は読んだ。
読んだものの、非常に君の場合にはだらしないという気がする。
ね、うん。いや、そうじゃない。そうじゃない。
やはり、えー男というものはだ、えー、あっ、そう。
そんなキャプテンがカッコいい。あっ、そう。君はダメか、ダメ。

あなたにとってそれが本当に 幸せだというのであれば
見守る事も 愛のひとつの答になると思うが
為すすべもなく見送るのなら 僕は男でなくなる
彼よりきっと 僕の想いが深いと信じる以上

えー、また続けて曲をずっとかけてみますかね。あのー、
スチャラカバンドの歌で。“素敵な Tennis Boy”、
後半でございます。失礼いたしました。

ポイントはわずかに0-15 勝負は実際これから
思いきり勇気を出すんだ Tennis Boy
焦ってミスを重ねるな 相手にはいつも誠実に
手の内読んで足を使え Tennis Boy
僕らはエースの陰で ラケット磨く為にだけ
生まれて来たんじゃないんだぜ
さあコートに立つんだ

ポイントはわずかに0-15 1点リードを許しただけ
まだまだ勝負はこれから Tennis Boy
フォームはどうでもいいんだ 来た球を素直に返せ
同じエラー繰り返すなよ Tennis Boy
コントロールを磨いて 集中力さえつけば
あとはかけひき そして最后は自信で
流れも変わる
ポイントはわずかに0-15 まだまださ これからさ
逆点チャンスは 必ずやってくる

この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
主人公

歌:さだまさし

時には 思い出行きの 旅行案内書にまか ...

ma cherie

歌:KREVA

Dance With Me... ...

熱き鼓動

歌:尾藤イサオ

帰る場所さえ 手探りの絆に 笑顔の裏側 ...

日本

歌:忍者

春は桜の花びらと 淡い陽射しの水彩画 ...

屋形船

歌:増位山太志郎/菊地まどか

▲咲かせてみたいよ いつかは夢を △実 ...

八月の歌

歌:浜田省吾

砂浜で戯れてる 焼けた肌の女の子達 ...

I still love you boy

歌:Tommy february6

眠れない夜に 優しい歌に包まれて も ...

僕らしさ君らしさ

歌:藍坊主

なんでこんな性格なんだろう なんでこん ...

シシカバブー

歌:ゆず

そりゃいきなり誰だって 因縁観念すれば ...

la salle de bain

歌:椎名林檎

in a cafe just a lit ...

湘南リグレット

歌:TUBE

恋の仕方忘れたって 胸にグッと湘南だもの ...

さだまさしの人気歌詞
関白宣言

お前を嫁にもらう前に 言っておきたい事が ...

いのちの理由

私が生まれてきた訳は 父と母とに出会う ...

償い

月末になるとゆうちゃんは薄い給料袋の封も ...

雨やどり

それはまだ私が神様を信じなかった頃 9 ...

関白失脚

お前を嫁に もらったけれど 言うに言えな ...

恋愛症候群

恋と呼ばれる一過性の発情症候群に於ける ...

まほろば

春日山から飛火野辺り ゆらゆらと影ばか ...

道化師のソネット

笑ってよ 君のために 笑ってよ 僕のため ...

主人公

時には 思い出行きの 旅行案内書にまか ...

おさななじみ

おさななじみの 想い出は 青いレモンの ...

Birthday

幸せをありがとう ぬくもり届きました ...

戦友会

櫛の歯が欠けるように 仲間が減ってゆく ...

無縁坂

母がまだ若い頃 僕の手をひいて この坂 ...

飛梅

心字池にかかる 三つの赤い橋は 一つ目 ...

風に立つライオン

突然の手紙には驚いたけど嬉しかった 何 ...

秋桜

淡紅の秋桜が秋の日の 何気ない陽溜まり ...

祈り

悲しい蒼さの 広い大空を 小さな鳥が一 ...

親父の一番長い日

おばあちゃんは夕餉の片付けを終えた時 ...

奇跡 ~大きな愛のように~

どんなにせつなくても 必ず明日は来る ...

昨日・京・奈良、飛鳥・明後日。

駅前旅館をバスが 出たのは8時5分 こ ...