積木の部屋 歌詞

歌:野口五郎

作詞:有馬三恵子

作曲:川口真

いつの間にか君と 暮しはじめていた
西日だけが入る せまい部屋で二人
君に出来ることは ボタン付けとそうじ
だけど充ち足りていた
やりきれぬ淋しさも愚痴も
おたがいのぬくもりで消した
もしもどちらか もっと強い気持でいたら
愛は続いていたのか
リンゴかじりながら 語り明かしたよね
愛はあれから何処へ

二人ここを出ても すぐに誰か住むさ
僕らに似た 若い恋人かもしれない
きれい好きな 君がみがきこんだ窓に
どんな灯りがともる
限りないもめごとも嘘も
別れだとなればなつかしい
もしもどちらか もっと強い気持ちでいたら
愛は続いていたのか
こんな終り知らず 部屋をさがした頃
そうさあの日がすべて
そうさあの日がすべて

野口五郎について

1966年「ちびっこのどじまん」で荒木一郎の今夜も踊ろうで優勝。1971年に演歌「博多みれん」で歌手デビュー。『青いリンゴ』で人気爆発、スーパー・アイドルに。西城秀樹、郷ひろみらと共に新御三家と呼ばれる。ギタリストとしての評価も高い。『オレンジの雨』『君が美しすぎて』『愛さずにはいられない』など多くのヒット曲がある。
積木の部屋 のCD・楽譜
野口五郎の人気歌詞
私鉄沿線

改札口で君のこと いつも待ったものでし ...

君が美しすぎて

美しすぎて 君が恐い 美しすぎて 愛が ...

19:00の街

霧雨降るガラス越しに 19:00の街 ...

青いリンゴ

心 こころを しばりあい 二人 ふたり ...

グッドラック

この腕の中を泳ぎ疲れてお前は眠る 何も ...

愛さずにいられない

だからもう つらい過去など いわないで ...

甘い生活

あなたと揃いのモーニングカップは この ...

これが愛と言えるように

陽のあたる場所に ふと手を翳(かざ)せ ...

むさし野詩人

繁華街から静かな道へ あなたの涙たどっ ...

針葉樹

あなたのかなしみは 雪で出来ている 僕 ...

オレンジの雨

そんなこと どうでもいいじゃない いつ ...

風の駅

僕の帰りを 暗い駅のベンチで 君は待っ ...

沈黙

はじめから あなたは愛を 戯れとわりき ...

愛よ甦れ

君のいらだちを 感じながらも 愛が甦る ...

きらめき

ここの街へと あなたと僕は これまでい ...

真夏の夜の夢

その時 あなたは バラになり その時 ...

めぐり逢う青春

愛は謎のように ぼくに問いかける 昨日 ...

されど青春

人ごみに流されて 歩くのは いやですね ...

魅せられて

南に向いてる窓をあけ 一人で見ている  ...

襟裳岬

北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やし ...