CORAZON 歌詞

歌:谷村新司

作詞:谷村新司

作曲:谷村新司

学生の頃は自由に気ままに
恋をしてたわ 気がつけばいつも
あなたが遠くから見つめる
視線だけは背中に感じていた
あなたはいつもいい人だったわ
友達にでも私にとっても
けれど私が魅かれる男は
いつも あなたではなかったわ
忘れない彼との恋にくるい家を出た私を
小雨の駅に送ってくれた
あなたに ふり向きもしないで
ありがとうの言葉もかけずに
列車に消えてく わがままな私を
濡れながら あなたが見ていた
CORAZON 背中あわせの心
CORAZON 幸福をつかむために
私は震える心で
彼の背中にしがみついてたわけじゃない

走る列車の連結の陰で
彼のコートのゆげを見ながら
たった一度きりの人生だもの
まして春はあまりに短すぎるわ
不思議なものね 一度くらいは
自分のレールは 自分でひきたい
たとえ それが不幸へと続いてく
悲しい運命という名の列車でも
この人がいい人か そんなことはわからない
映画ならハッピー・エンド
このまま終わるけれど
かすかに感じていたわ
彼は幸福が似合わない人だと
幸福 求めたわけじゃないのよ
不幸福になる自由がほしかった
CORAZON 背中あわせの心
CORAZON わがままに見えるけれど
私はきっと悔やまない
だって一度きりの人生 セラヴィ セラヴィ

あなたのことを忘れたままの
彼と二人の小さな暮らしに
ピリオドをうたせたのは
明日を信じない 私の言葉だったわ
彼は子供が欲しいと幾度も
寝物語に私に言うけど
生まれ来る子供の幸福な人生まで
私には背負えはしないわ
求めすぎた彼には明日しかみえないまま
私は私で今日さえも見えないの
サヨナラ出て行く彼の
背中に別離の唄は聞こえない
時計の音も ざわめきもなにも
聞こえない大人のサヨナラ
CORAZON 背中あわせの心
CORAZON 気がつけば街は
ひとりぼっちで帰る
初めてのX'masイヴの夜
遠くで聞こえてるサイレント ナイト

10年ぶりの故郷の駅
小雨のホームで電話をかけたわ
寂しさと なつかしさと あなたへの想いと
ほんのわずかばかりの希望と
震えながらも まわすダイヤル
電話のむこうで なつかしい声が
傘もささず 駈けて来た あなたを見て
生まれて初めて泣いたわ
笑顔のまま私のまぶたをそっと押さえた
あなたの薬指
キラリ光る指輪
私が自由に生きたように
あなたも人生を生きていたのね
変わらない あなたの笑顔の奥の
悲しみに今初めて気付いた
CORAZON 背中あわせの心
CORAZON 震える私の小さな肩に
降り続く雨は冷たい
あの頃の私の心のように
CORAZON 背中あわせの心
CORAZON あなたの背中を見つめたままで
降り続く雨の舗道を
あの頃に戻って歩いてみたい
CORAZON 時は戻らぬままに
CORAZON 過ぎてゆくもの
CORAZON 時は戻らぬままに
CORAZON 過ぎてゆくもの
CORAZON 時は戻らぬままに
CORAZON 過ぎてゆくもの
CORAZON 時は戻らぬままに
CORAZON 過ぎてゆくもの
セラヴィ セラヴィ セラヴィ

谷村新司について

アリスのメンバー(vo&g)として、ソロとして、長年に渡り親しまれている国民的アーティスト。71年にアリス結成。翌72年、「走っておいで恋人よ」でデビュー。81年のグループ解散までに、「チャンピオン」「冬の稲妻」「君の瞳は10000ボルト」など、数多くのビッグ・ヒットを放った。
CORAZON のCD・楽譜
谷村新司の人気歌詞
サライ

遠い夢すてきれずに 故郷(ふるさと)をす ...

目を閉じて 何も見えず 哀しくて目を開け ...

群青

空を染めてゆく この雪が静かに 海に積 ...

いい日旅立ち

雪解け間近の北の空に向かい 過ぎ去りし ...

今ありて

新しい季節のはじめに 新しい人が集いて ...

チャンピオン

つかみかけた熱い腕をふりほどいて君は出て ...

Far away

こんなに遠く離れていても 夜毎心は 空 ...

陽はまた昇る

夢を削りながら 年老いてゆくことに 気 ...

三都物語

胸さわぎの旅は いま始まって 時の流れ ...

22歳

白いシーツをまきつけ 背中でサヨナラの ...

都忘れ

月の出を合図に 船をこぎ出して 今、水 ...

帰らざる日々

最後の電話を握りしめて 何も話せずただ ...

嫉妬-ジェラシー-

素直になれなくて 口紅さえも赤く染めて ...

風姿花伝

風は叫ぶ 人の世の哀しみを 星に抱かれ ...

海猫

いつか憩える時が来たなら 貴女の手をひ ...

昴〈すばる〉

目を閉じて 何も見えず 哀しくて目を開け ...

ダンディズム

帰れダンディズムの都へ 夜は男の心の中 ...

階 -きざはし-

海を渡る風は夢の匂い運び 燃ゆる瞳をな ...

北陸ロマン

大人に変わったら 日本海に逢いたくなる ...

忘れていいの

忘れていいのよ 私のことなど 一人で生 ...