8月6日 歌詞

歌:高橋優

作詞:高橋優

作曲:高橋優

8月6日晴れ 君に恋してること 僕は君に告白した... 緊張した
君はなんでか泣いて そのあと少し微笑んで
何も言わず僕の手 握ってくれたのさ

10月6日晴れ 2ヶ月記念日に 僕は君にKissした... 緊張した
君は目を閉じてて Kissが終わったあとも
何も言わず僕の手 握ってくれたのさ

トキメく恋心抑えられず 全てを君にぶつけた
その手の温もりが優しいから 僕も泣きそうになった

12月6日雪 僕は慣れない街を 一人で歩いてた... 寒かった
君へのプレゼント 何にしようか悩んで
あっちこっち歩いた ニヤニヤしながら

3月6日曇り 僕と君はすれ違った
ほんのささいなことから ケンカした
君は僕に背を向けてて 僕もそっぽ向いてて
横目で見た君の肩が ふるえてた...

トキメく恋心抑えられず 全てを君に求めた
その手の温もりが恋しいのに 心が離れていった

6月6日雨 君の夢で目覚めた 告白したときの 君だった
すれ違う気持ちも 意地っ張りなとこも
やっぱり僕の恋は 君だった

8月6日晴れ 僕は君を呼び出した
どうしても会いたいって 呼び出した
1年経ったけど 相変わらず恋しい気持ち
僕は君に告白した... 緊張した

トキメく恋心抑えられず 全てを君に見せてた
そばに居てくれるだけで幸せで 僕は愛ということを見つけた

君はなんでか泣いて そのあと少し微笑んで
何も言わず僕の手 握ってくれたのさ

8月6日について

「8月6日」は、高橋優が2010年7月21日にリリースしたシングル「素晴らしき日常」のカップリングです。

高橋優について

札幌の大学への進学と同時に路上での弾き語りを始める。 2002年2月自主制作アルバム「Sepia」を200枚限定で販売。完売。 2007年5月自主制作アルバム「無言の暴力」を500枚限定で販売。完売。 札幌のインディーズチャート3週連続1位。 初のワンマンライブ(@札幌COLONY)に200人を動員。 2008年活動の拠点を東京に。 2009年7月初の全国流通盤「僕らの平成ロックンロール」発売。 2010年4月東京メトロのCMソングに「福笑い」が大抜擢される。
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。

歌:星野源

営みの 街が暮れたら色めき 風たちは ...

fish

歌:back number

私のスカートが青く揺れている 終わりの ...

嫌いになれたら

歌:YU-A

嫌いになれたらいいのに… 泣きたくない ...

大きな玉ねぎの下で ~はるかなる想い~

歌:爆風スランプ

ペンフレンドの二人の恋はつのるほどに ...

遥か

歌:GReeeeN

窓から流れる景色 変わらないこの街 旅立 ...

恋音と雨空

歌:AAA

「好きだよ」と伝えればいいのに 願う先 ...

長い夜

歌:松山千春

恋にゆれる 心ひとつ お前だけを 追い ...

福笑い

歌:高橋優

あなたが笑ってたら 僕も笑いたくなる ...

SPLASH

歌:miwa

水面に映るすべてのものたち 飛び込んで ...

結 -ゆい-

歌:miwa

「大人のために生きてるわけじゃない」と ...

S.O.L

歌:AAA

You gonna love me do ...

高橋優の人気歌詞
福笑い

あなたが笑ってたら 僕も笑いたくなる ...

明日はきっといい日になる

明日はきっといい日になる いい日になる  ...

少年であれ

僕なんか生まれなきゃよかったの? 傷付い ...

素晴らしき日常

麗しき国に生まれすこやかに育んで この ...

こどものうた

チラリとのぞくパンツの色が気になって仕方 ...

CANDY

それは晴れた昼下がりのありふれた出来事 ...

花のように

本音とは無関係な顔作る そういうことにち ...

パイオニア

どんな将来描いたって既にホコリ被ってるよ ...

BE RIGHT

いつ何が起こるか分からないから 亀の甲 ...

陽はまた昇る

自分だけが置いてけぼりを喰らっているよう ...

ロードムービー

どこか遠くの街では 出会ったことない誰か ...

ヤキモチ

君が前に付き合っていた人のこと 僕に打ち ...

セピア

めまぐるしい時間の中で 君といられるこの ...

旅人

涙したあの人に 何を言えばよかったろう? ...

明日への星

貸した金返してもらえなくたって それのせ ...

おやすみ

君が良い夢 見て眠れたら 他には何も今は ...

現実という名の怪物と戦う者たち

どうして僕だけがこんなに辛いのかといつも ...

リーマンズロック

午前4時に起きて吐いてもう眠れなくって ...

産まれた理由

ねぇお父さん、お父さんはどうして お母 ...