チャンピオン 歌詞

歌:秋川雅史

作詞:谷村新司

作曲:谷村新司

つかみかけた 熱い腕を
ふりほどいて君は出てゆく
わずかに震える 白いガウンに
君の年老いた 悲しみを見た
リングに向かう 長い廊下で
何故だか急に 君は立止まり
ふりむきざまに 俺にこぶしを見せて
寂しそうに笑った
やがてリングと 拍手の渦が
ひとりの男を のみこんで行った

立ち上がれ もう一度その足で
立ち上がれ 命の炎燃やせ

君はついに 立ち上がった
血に染まった 赤いマットに
わずかに開いた 君の両目に
光る涙が 何かを語った
獣のように 挑戦者は
おそいかかる 若い力で
やがて君は 静かに倒れて落ちた
疲れて眠るように
わずかばかりの 意識の中で
君は何を 考えたのか

立たないで もうそれで充分だ
おお神よ 彼を救いたまえ

ロッカールームの ベンチで君は
切れたくちびるで そっとつぶやいた

帰れるんだ これでただの男に
帰れるんだ これで帰れるんだ
ライラライ ラライ……
秋川雅史の人気歌詞
千の風になって

私のお墓の前で 泣かないでください ...

愛する人よ

聞こえますか 愛する人よ 胸に響く 希 ...

天城越え

隠しきれない 移り香が いつしかあなた ...

地上の星 Featuring 古澤巌(ヴァイオリン)

風の中のすばる 砂の中の銀河 み ...