夏を待っていました 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

君はまだ覚えてるかな 幼い頃の暑い六月 廃線になった線路を 僕等はどこまでも歩いた
乗り気で水筒なんかを ぶら下げてきた雅敏は おじちゃんに買ってもらったマウンテンバイクを自慢した

「けどな 俺はおじちゃんが嫌いなんだ 母ちゃんをいつも泣かせてばかりいるから」
僕は何だか気まずくなって 目をそらしたんだ 雅敏の顔に大きな青痣があったから

降りだした夕立に走りだす つぶれた無人駅で雨宿り 明日は何して明後日は何して
くだらない話で笑い転げる 嵐の予感に胸が高鳴る あの時僕ら皆は確かに
夏を待っていました

ここに居たくないってのと どこかに行きたいってのは 同じ意味なのかな なんにしろ歩こうか
体育と部活が何より苦手な靖人は とうとう膝を抱えてこう呟いた
「僕はいつも皆に置いてきぼりで 本当にダメなやつでごめんな」
僕らはなんだか笑ってしまった つられて靖人も涙目で笑った

背の高い夏草でかくれんぼ 鬼は迫り来る時間の流れ もういいかいまだだよって叫んだよ
僕は今も見つからないままで あの時と同じ膝をかかえて 部屋から青い空を見上げて
夏を待っていました

身長が高くて喧嘩が強い 太平はいつも無茶な遊びを思いつく
「この鉄橋に一番 長くぶら下がったやつの 言うことは何でも聞かなきゃダメだぜ」
僕らはびびって出来なかったけど 太平は平気な顔でぶら下がる
7年後に太平はビルから飛び降りた そんな勇気なら無いほうが良かった

高層ビルの下でかくれんぼ あれから何年がたっただろう もういいかいまだだよって声もない
もしも今日があの日の続きなら 僕らの冒険を続けなくちゃ 六月の空を僕は見上げて
夏を待っていました

amazarashiについて

ロックバンド 《メンバー》 ・秋田ひろむ  ボーカル&ギター担当。 ・豊川真奈美  キーボード担当。
夏を待っていました のCD・楽譜
あまざらし 千分の一夜物語 スターライト [DVD]
【収録曲】・モノローグ1 『情熱、希望なんでもいいけど、僕らはここに居ちゃだめだ』 (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)・光、再考 (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)ムカデ (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)空っぽの空に潰される (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)・モノローグ2 『僕らは一人では駄目だ』 (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)・隅田川 (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)さくら (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)ドブネズミ (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)・モノローグ3 『夜の向こうに答えはあるのか』 (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)・つじつま合わせに生まれた僕等 (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)古いSF映画 (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)カルマ (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)・モノローグ4 『故郷のヒメリンゴ啄んだ鳥になるか』 (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)・ひろ (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)夏を待っていました (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)美しき思い出 (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)・モノローグ5 『いつか全てが上手く行くなら、涙は通り過ぎる駅だ』 (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)・スターライト (2014.09.09 TOKYO DOME CITY HALL)スターライト (Music Video)もう一度 (Music Video)穴を掘っている (Music Video)季節は次々死んでいく (Music Video)

amazarashiの人気歌詞
季節は次々死んでいく

季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる ...

月曜日

体育倉庫のカビたウレタンの匂い コートラ ...

スターライト

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

未来になれなかったあの夜に

「色々あったな」の 色々の一つ一つを ...

隅田川

面映い思い出一つ 紐解く手が震えています ...

空洞空洞

耳を塞いだって ざわめきは聞こえてくる  ...

もう一度

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

それを言葉という

僕らはいずれ錆び付いて ついには動かなく ...

さよならごっこ

憂鬱が風に散らばり 吹きだまって影になる ...

メーデーメーデー

茫漠たる享楽の混濁する網膜を 老若男女す ...

僕が死のうと思ったのは

僕が死のうと思ったのは ウミネコが桟橋で ...

ムカデ

給水塔に反射する夏の太陽 器用に生きる象 ...

自虐家のアリー

いずれにしても立ち去らなければならない ...

奇跡

今夜生まれてくる命と 死んでしまう命 そ ...

無題

木造アパートの一階で 彼は夢中で絵を描い ...

つじつま合わせに生まれた僕等

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...

空に歌えば

虚実を切り裂いて 蒼天を仰いで 飛び立っ ...

命にふさわしい

好きな人ができた 確かに触れ合った アス ...

ヒガシズム

上野 秋葉原 東京 押し合って生きる資格 ...

性善説

ねえママ あなたの言う通り 彼らは裁かれ ...