夏を待っていました 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

君はまだ覚えてるかな 幼い頃の暑い六月 廃線になった線路を 僕等はどこまでも歩いた
乗り気で水筒なんかを ぶら下げてきた雅敏は おじちゃんに買ってもらったマウンテンバイクを自慢した

「けどな 俺はおじちゃんが嫌いなんだ 母ちゃんをいつも泣かせてばかりいるから」
僕は何だか気まずくなって 目をそらしたんだ 雅敏の顔に大きな青痣があったから

降りだした夕立に走りだす つぶれた無人駅で雨宿り 明日は何して明後日は何して
くだらない話で笑い転げる 嵐の予感に胸が高鳴る あの時僕ら皆は確かに
夏を待っていました

ここに居たくないってのと どこかに行きたいってのは 同じ意味なのかな なんにしろ歩こうか
体育と部活が何より苦手な靖人は とうとう膝を抱えてこう呟いた
「僕はいつも皆に置いてきぼりで 本当にダメなやつでごめんな」
僕らはなんだか笑ってしまった つられて靖人も涙目で笑った

背の高い夏草でかくれんぼ 鬼は迫り来る時間の流れ もういいかいまだだよって叫んだよ
僕は今も見つからないままで あの時と同じ膝をかかえて 部屋から青い空を見上げて
夏を待っていました

身長が高くて喧嘩が強い 太平はいつも無茶な遊びを思いつく
「この鉄橋に一番 長くぶら下がったやつの 言うことは何でも聞かなきゃダメだぜ」
僕らはびびって出来なかったけど 太平は平気な顔でぶら下がる
7年後に太平はビルから飛び降りた そんな勇気なら無いほうが良かった

高層ビルの下でかくれんぼ あれから何年がたっただろう もういいかいまだだよって声もない
もしも今日があの日の続きなら 僕らの冒険を続けなくちゃ 六月の空を僕は見上げて
夏を待っていました

amazarashiについて

ロックバンド 《メンバー》 ・秋田ひろむ  ボーカル&ギター担当。 ・豊川真奈美  キーボード担当。
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。

歌:星野源

営みの 街が暮れたら色めき 風たちは ...

タクシードライバー

歌:amazarashi

ショッピングモール、アウトレット、郊外の ...

つじつま合わせに生まれた僕等

歌:amazarashi

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...

無題

歌:amazarashi

木造アパートの一階で 彼は夢中で絵を描い ...

穴を掘っている

歌:amazarashi

穴を掘っている 人生どこで間違えた 穴 ...

季節は次々死んでいく

歌:amazarashi

季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる ...

光、再考

歌:amazarashi

もし生まれ変わったらなんて言いたくない  ...

終わりで始まり

歌:amazarashi

いつもの帰り道ふと 見上げたいつもの夜空 ...

みかんハート

歌:C&K

人を好きになる怖さと幸せを知って 見た ...

HANABI

歌:Mr.Children

どれくらいの値打ちがあるだろう? 僕が ...

隅田川

歌:amazarashi

面映い思い出一つ 紐解く手が震えています ...

amazarashiの人気歌詞
つじつま合わせに生まれた僕等

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...

スターライト

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

無題

木造アパートの一階で 彼は夢中で絵を描い ...

終わりで始まり

いつもの帰り道ふと 見上げたいつもの夜空 ...

メーデーメーデー

茫漠たる享楽の混濁する網膜を 老若男女す ...

少年少女

校庭の隅っこで 体育座りしてぼんやりと見 ...

アノミー

愛など無い知らない 謎解けない吐きたい ...

冷凍睡眠

冷えたコンクリート もたれて頬を付ける ...

もう一度

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

光、再考

もし生まれ変わったらなんて言いたくない  ...

ワンルーム叙事詩

家賃6万のアパートで僕らは世界を旅する ...

ひろ

ひろ お前に話したい事が 山ほどあるんだ ...

自虐家のアリー

いずれにしても立ち去らなければならない ...

雨男

酷く疲れた幾つもの顔が 車窓に並ぶ東横線 ...

ナモナキヒト

一人の夜の寂しさを 言い訳にしてみても ...

未来づくり

思えば僕はずっと僕の事 嫌いだったんだ  ...

穴を掘っている

穴を掘っている 人生どこで間違えた 穴 ...

奇跡

今夜生まれてくる命と 死んでしまう命 そ ...

あんたへ

はやく 涙拭けよ 笑い飛ばそう 僕らの過 ...