カルマ 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

どうかあの娘を救って

地球が落とした暗幕に 星座の落書きをする子供達は コンクリートのベッドでアフリカゾウの夢を見る
輸送トラックの荷台で悪路に身を揺らしながら 廃墟に沈む夕日を眺める兵士は
荒れ果てた世界を吹き抜ける 生ぬるい夏の風にさえ 故郷を思うのだろう
朝市の喧騒の中 健気に笑うあの娘を どうか救ってください

愛と金と宗教に 折り合いをつけられなかった僕達は 理想郷を探すのを止めた
愛に飢えて 金に飢えて 神様に飢えて 盗みを働くのは悪だと誰が言えるのだろう
ましてやそれが果物の 一つや二つ だとて
ましてやそれが人の命の 一つや二つ だとて

窓を開けて 夏の風だ

星が綺麗な夜に 月を眺めては物思うけれど あれにも値札がついてるって話だぜ
流れ星にだって うかうか願いをかけていられやしない そんな時代になりました
この街の上空をミサイルが飛んで言ったって ラジオのパーソナリティーが言う
優しいラブソングをBGMに ラジオのパーソナリティーが言う

どうかあの娘を救って

食うか食われるかで世界は回るのだと 無粋なトカゲはインタビュアーに語るのだが
巧言に勇み立つその尻尾が今まさに かじりつかれている事に気付いていない
それを滑稽だと笑う僕等も つまり むなしい競争の延長線上
不意に手渡されるバトンを 受け取ってしまったのだ
フラッシュに照らされたインタビュアーの顔は 笑っている様にさえ見えたのです

窓を開けて 夏の風だ

奪った奴から 奪い取れというのなら きっと最後には誰もいなくなる
奪った奴を許せと言うのなら きっと盗人ばかりの世界になる
いや そもそも僕らは皆 盗人だ
この世界で生きるって事は すでに 罰なのかもしれない

夜道を照らすのは 大気圏で燃え尽きた宇宙船が 最後に放った光
あの娘はふと空を見上げて 今日も何かを祈るのです
ボタンのかけ違いで 敵か見方か 殺す側か殺される側か
野山に咲く花もあれば アスファルトに咲く花もある

僕らが願うのは 唯一つ 幸せになりたいって事
それがほしくて もがいて もがいて もがいて 奪って 奪って 奪って 奪って
それでも笑って生きていたいと健気に 海の風に微笑むあの娘は
愛する人が銃で撃たれたことを まだ知らない

どうかあの娘を救って

amazarashiについて

ロックバンド 《メンバー》 ・秋田ひろむ  ボーカル&ギター担当。 ・豊川真奈美  キーボード担当。
amazarashiの人気歌詞
季節は次々死んでいく

季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる ...

独白

私が私を語るほどに 私から遠く離れてしま ...

帰ってこいよ

稲穂が揺れる田舎の風は 置いてきぼりの季 ...

月曜日

体育倉庫のカビたウレタンの匂い コートラ ...

とどめを刺して

失望したって君が言う時 君は失望の彼女み ...

空洞空洞

耳を塞いだって ざわめきは聞こえてくる  ...

マスクチルドレン

この世界は少し煩すぎるから カーテンを全 ...

もう一度

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

アルカホール

宵の淵に腰掛け物思い 街は馴れ馴れしかっ ...

隅田川

面映い思い出一つ 紐解く手が震えています ...

メーデーメーデー

茫漠たる享楽の混濁する網膜を 老若男女す ...

命にふさわしい

好きな人ができた 確かに触れ合った アス ...

さよならごっこ

憂鬱が風に散らばり 吹きだまって影になる ...

奇跡

今夜生まれてくる命と 死んでしまう命 そ ...

スターライト

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

抒情死

アイデンティティが東京湾に浮かんでいる ...

たられば

もしも僕が天才だったなら たった一つだけ ...

虚無病

諸行無常未来都市 輪廻の環状線 抜け出せ ...

リビングデッド

ひるがえって誰しもが無罪ではいられぬ世に ...

ムカデ

給水塔に反射する夏の太陽 器用に生きる象 ...