続・夕焼けだんだん 歌詞

歌:石川さゆり

作詞:吉岡治

作曲:杉本眞人

谷中銀座のお店屋さんに
買物ついでに寄り道したと
練馬の叔母ちゃん いつだって
ちょんまげ芋と見合いの写真
ふたつセットでやって来て
掘り出しものと 彼女はいうが
その気はないの 再婚ばなし
何度わたしは断ったやら
それでも叔母ちゃん怯(ひる)まない

(猫屋)は 冬模様
春の日差しを待ち侘びている
暇すぎて 思い込み
仏壇眺めてへたり込む
三回忌が済んだからって
あなたと始めたこの店閉めて
再婚なんて… あり得ない

ああ 夕焼けだんだん 寒すずめ
ずり落ちそうだよ 空の雲
夕焼けだんだん 北風に
猫もどこかで 冬ごもり

会っても嫌なら断りゃいいし
立場もわかって 仲人口の
練馬の叔母ちゃん 拝むから
いい人だけに無碍(むげ)にも出来ず
遊びごころと言訳づきで
いざいざ往かむ 中華のお店
緊張している相手と違い
酢豚・ピータン 盆まわし
気がつきゃわたしが仕切ってた

見合いなれとは恐ろしい
なんだか不思議な気持ち
忘れてた 充実感
生きてる自分を感じたの
三回忌が済んだからって
あなたと始めたあの店閉めて
再婚なんて… したなんて

ああ 夕焼けだんだん あの人も
許してくれそな 茜空
夕焼けだんだん 猫たちも
富士の尻っぽを見ています

ああ 夕焼けだんだん あの人も
許してくれそな 茜空
夕焼けだんだん 猫たちも
富士の尻っぽを見ています


石川さゆりの人気歌詞
津軽海峡冬景色

上野発の夜行列車 おりた時から 青森駅 ...

能登半島

夜明け間近 北の海は波も荒く 心細い旅 ...

飢餓海峡

ちり紙につつんだ 足の爪 後生大事に ...

あぁ… あんた川

夢の続きが あるのなら 連れて逃げると ...

天城越え

隠しきれない 移り香が いつしかあなた ...

歌麿 -UTAMARO-

火を抱いて 闇の中 月の出を 待ってい ...

夫婦善哉

浮草ぐらしと あなたが笑う 肩に舞うよ ...

暗夜の心中立て

好きと云はれりや誰にでも からだをひら ...

肥後の盆唄

襦袢(じゅばん)の裾(すそ)に 蛍が止ま ...

ウイスキーが、お好きでしょ

※ウイスキーが お好きでしょ もう少し ...

Ra.n.se

諦めようとしました 忘れる…ためらいま ...

風の歌 波の歌

風は何を歌うのでしょう 生まれた山の悲 ...

ちょいと…

こんなところで逢うなんて嘘みたい 熱い ...

居酒屋「花いちもんめ」

言いたいことがあるからと あんた一升か ...

朝花

夏は過ぎ 胸に残る唄ひとつ あのひとと ...

かくれんぼ

想い出します かくれんぼ 日暮れ近づく ...

夏、うれしいね

夏は あまくすっぱい 林檎飴 赤い鼻緒 ...

あいあい傘

壁に描いたいたずら書き あいあい傘の ...

不忍恋歌

いくつか恋もしました 傷付いた日もあり ...

だいこんの花

賑やかに 笑って一生 泣くのも一生 ...