オレンジテトラポット 歌詞

歌:藍坊主

作詞:佐々木健太

作曲:藤森真一

僕らはどこにいるんだろう、
あなたはどこにいるんだろう、
あなたをあなたにしてるもの、
それは一体なんだろう。

チョコレートを見てる両目や、
温もりを伝える両手や、
潮風を感じる鼻先、
日の光に透ける髪の毛、

きれいに磨かれた爪先、
愛しさに波打つ心臓、
不思議を考えている脳、
そのすべてを作る細胞。

それは一瞬で壊れては、
増えてすぐに入れ替わってく、
君がただの物質ならば、
とっくに君はここにはいない。

その笑顔、
その涙、
どこからくるのだろう?

いつだって何度も何度も確かめたいよ、
形無きあなたの存在を。
橙色に染まってゆくウロコ雲に震えてる、
宝石のような心を。
いつだって何度も何度も確かめあおう、
僕らが生きてる奇跡を。
あなたの姿を越えたとこに、
あなたがいるということを。

宇宙は広大無辺です。
さっぱりとよくわかりません。
それとおんなじくらいに、
心の端もよくわからない。

真っ暗なようで輝いて、
触れてるようで離れている。
だから僕らは細胞を越え、
触れ合えるのかもしれません。

あの橙橙色、空の橙橙色、
忘れないで。
あの橙橙色、海のダイダイダイダイ色、
忘れないよ。

いつだって何度も何度も確かめたいよ、
日が暮れてく感触を。
橙色に染まってゆくウロコ雲に震えてる、
宝石のような心を。
いつだって何度も何度も確かめあおう、
見えなくなってしまう前に。
寄せては返す波の色に僕らは、
形だけを見てるわけじゃないだろ。

いつだって何度も何度も確かめ合おう、
ただ抱き合う温もりを。
橙色に染まってゆく、体を伝い滲んでゆく、
消えそうになる感触を。
そうやって何度も何度も確かめたいよ、
僕らが生きていたことを。
橙色が眩しいね、
それはなぜ?
僕らが生きているからさ。

泣いて、笑って、愛して、
抱いて、生きて、あなたを。

泣いて、笑って、愛して、
抱いて、越えて、細胞を。


オレンジテトラポットについて

「オレンジテトラポット」は、藍坊主が2010年2月17日にリリースした5枚目のアルバム「ミズカネ」に収録されています。

藍坊主について

藤森 真一 Ba. 1983.3.10 HOZZY Vo. 1982.6.27       田中 ユウイチ Gt. 1982.6.8 渡辺 拓郎 Dr. 1982.10.5 神奈川県出身のパンクバンド。
オレンジテトラポット のCD・楽譜

藍坊主の人気歌詞
泣いて

君の心の奥には 暗く長い迷路がある い ...

星のすみか

輝き続ける光った星から、輝き続け、光った ...

アンドロメダ

肉眼で見えるんだって 銀河は 望遠鏡が ...

嘘みたいな奇跡を

ぼくは うれしかったよ あなたといられて ...

伝言

大人になるってどんな事と 昔の僕が問いか ...

ラストソング

なぜ、こんな苦しみや悲しみが、世界中に充 ...

名前の無い色

泣ける映画が見たい時 本当は笑いたいこ ...

ハローグッバイ

ヨーグルトのカップに 赤とんぼが止まっ ...

ピースサイン

生命線に 汗を握るほど 胸が踊った時  ...

沈黙

君のためなら、僕は死ねるよ。何千何百何十 ...

水に似た感情

消えてしまいたい ふと思いませんか ...

ウズラ

僕は空が飛べないよ そしてとても弱くて ...

生命のシンバル

空も眠りそうな 風が吹いてる そよぐ ...

レタス

潮風吸い込む 心臓が弾ける 海は広い  ...

テールランプ

灰色の夜に 黄色い首輪の年老いた犬が ...

ホタル

ひかりの消えた町で僕らは 大人が消してく ...

あさやけのうた

ひっぱるほど縮んでゆく、かた結びのような ...

ガーゼ

生きて死んでゆく 僕たちはどこへゆく ...

おいしいパン食べたい

雨が降ったら、コーヒーを飲もう、 仄青 ...